著者
亘 悠哉 船越 公威
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.331-334, 2013 (Released:2014-01-31)
参考文献数
10
被引用文献数
1

リュウキュウテングコウモリMurina ryukyuanaによる日中ねぐらとしての枯葉の利用を徳之島において3例記録した.これにより,これまでにほとんど情報のなかった本種の自然条件下でのねぐら利用の一端が明らかになった.利用していた枯葉の樹種は,イイギリIdesia polycarpa,アオバノキSymplocos cochinchinensis,フカノキSchefflera heptaphyllaであり,これらに共通する特徴として,1枚1枚の葉が大きく,枯れると椀状に変形すること,また葉のつき方が放射状で,枝折れにより枝先の葉が枯れると複数の葉が合わさって群葉状になるという点が挙げられた.同属のコテングコウモリで記録されている幅広い日中ねぐら場所の利用形態を考慮すると,本種も枯葉以外の様々なタイプのねぐらを利用している可能性は十分に考えられる.今後,今回のような観察情報を蓄積することともに,行動の追跡調査などを進めることで,本種のねぐら利用の全体像の把握につながるであろう.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

リュウキュウテングと言えば、同期が以下の論文を書いていたのを思いだした。樹木の大きな枯れ葉をねぐらにするらしい。 亘悠哉, 船越公威 2013. リュウキュウテングコウモリ Murina ryukyuana による日中ねぐらとして… https://t.co/K0RBM3kOfH
そういえばリュウキュウテングも枯葉使うのですね。今度行ったら試してみよう。https://t.co/5deE7oaNyA

収集済み URL リスト