著者
岸本 昌子 森 貴久
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.61-68, 2017 (Released:2017-07-11)
参考文献数
31

ニホンヤマネGlirulus japonicusの体毛の特徴を,下毛と保護毛の密度と長さに着目して,アカネズミApodemus speciosusと比較した.さらにヤマネの体毛の特徴の地域的な差異を調べた.各地の博物館所蔵のヤマネの標本30体と採集したアカネズミ5個体を解析に用いた.ヤマネとアカネズミの体毛の密度と長さについて比較すると,ヤマネの方がアカネズミよりも全体の下毛密度と下毛割合が高く,長さも長かった.保護毛密度はアカネズミの方が高かった.また,ヤマネでは,胸の保護毛密度が他の部位に比べて低かった.さらに,ヤマネの体毛の特徴に基づいて標本をクラスター分析した結果,主に山形県,群馬県,埼玉県,岐阜県産からなる集団と鳥取県,静岡県,兵庫県産からなる集団の2つの集団に大きく分かれた.この集団は,これまでに知られている遺伝集団とは必ずしも一致せず,寒冷適応の程度と関係している可能性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 3 favorites)

@highland_feet 貴重な標本は、もう役に立ってます。 ニホンヤマネの体毛の特徴:アカネズミとの比較と地理的変異(J-Stage)https://t.co/I3mJW7L7G2 各地の博物館所蔵のヤマネの標本30体と採集… https://t.co/a2jiTQfVb4
ニホンヤマネの体毛の特徴: アカネズミとの比較と地理的変異(岸本ら2017 哺乳類科学)https://t.co/I3mJW7L7G2 各地の博物館所蔵のヤマネの標本30体と採集したアカネズミ5個体を解析に用い…ヤマネの方がアカネズミよりも全体の下毛密度と下毛割合が高く長かった

収集済み URL リスト