著者
荒田 尚子
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.103, no.4, pp.924-931, 2014-04-10 (Released:2015-04-10)
参考文献数
12

Basedow病や慢性甲状腺炎などの甲状腺疾患は妊娠可能年齢の女性に多くみられることから,甲状腺疾患の診療を行う上で妊娠中の管理にも精通しておく必要がある.Basedow病では,チアマゾールの催奇形性とPTUの重篤な副作用リスクの両者を考慮して良好な甲状腺機能のコントロールを目指す必要があり,時に甲状腺専門医,産科医および新生児科(小児科)医との連携が必要となる.慢性甲状腺炎ではレボサイロキシン量の細やかな調節が重要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 2 favorites)

@e_ari 内分泌専門ではないのですが、こちらは参考になるかと思いました! https://t.co/wjVX7eWpej https://t.co/IMVVBklIfH

収集済み URL リスト