著者
岡本 光佑 金藤 公人
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.107, no.7, pp.1365-1372, 2018-07-10 (Released:2019-07-10)
参考文献数
6

45歳,男性.3年前よりエソメプラゾール20 mgを内服中であった.後頸部痛と両手の攣り(つり)を主訴に救急搬送され,著明な電解質異常(K 1.7 mEq/l,Ca 9.1 mg/dl,Mg 1.0 mg/dl)を認めた.各電解質の補正と共に低Mg血症の原因をプロトンポンプ阻害薬(proton pump inhibitor:PPI)と疑い,中止した.長期PPI内服で低Mg血症を,二次的に低K血症,低Ca血症も来たし得る.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 12 favorites)

https://t.co/fRvAs1RcEG PPI服用→proton欠乏→Mg再吸収抑制→低Mg→ 尿や腸管からのK排泄が亢進→低K
PPIはマグネシウムも 私も胃痛で5年間処方され、その後の不調、のきっかけになったと思う https://t.co/4SeQStRgSA https://t.co/ZgndSswjoq
PPIと低Mg血症。 内科学会今月の症例、こういう視点の報告が個人的には結構ツボ。 長期のプロトンポンプ阻害薬内服により著明な低Mg,K,Ca血症を来たした1例 https://t.co/ZgOLKClqr6
・・・後頸部痛と両手の攣り(つり)を主訴に救急搬送・・・ここポイントですね

収集済み URL リスト