著者
沖 祐美子 小池 春樹 祖父江 元
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.96, no.8, pp.1591-1597, 2007 (Released:2012-08-02)
参考文献数
5

薬物による末梢神経障害は,薬剤の用量規制因子となり,原疾患の治療に影響を与えるという点で重大な副作用である.早期発見による投与薬剤の減量,中止が唯一の対症療法となる場合がほとんどで,なんらかの神経症状が残る場合も多い.日常診療においては,末梢神経障害を引き起こす薬剤について幅広く理解し,症状の出現を早期に発見し迅速に処置を行うことが最も重要であると考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 7 posts, 9 favorites)

#末梢神経障害を起こす薬剤 #薬剤性末梢神経障害 #フェニトイン 抗てんかん薬 #タクロリムス 免疫抑制剤 #ピリドキシン ビタミン剤 #アミオダロン 抗不整脈薬 #コルヒチン 痛風治療薬 #ジスルフィラム 嫌酒薬… https://t.co/pI5dfS9hpt
#名古屋大学神経内科 薬物による #末梢神経障害 #薬剤性末梢神経障害 #早期発見 による #投与薬剤の減量中止 が唯一の対症療法となる場合がほとんど 日常診療は #末梢神経障害を引き起こす薬剤 幅広く理解し症状の出現を早期に発… https://t.co/tYZzIK0idq
筋肉・末梢神経に影響を及ぼす薬物 末梢神経に影響を及ぼす薬物 名古屋大学神経内科 沖 祐美子先生 小池 春樹先生 祖父江 元先生 薬物による #末梢神経障害 は薬剤の #用量規制因子 となり原疾患の治療に影響を与えるという点で重… https://t.co/rFjJFMcWb7

収集済み URL リスト