著者
近藤 智善 石口 宏
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.96, no.8, pp.1621-1626, 2007 (Released:2012-08-02)
参考文献数
25
被引用文献数
1 1

不随意運動は本人が意図しないで,あるいは本人の意図と反して身体の部分になんらかの運動や姿勢(肢位)の異常が生じることをいい,運動の態様によって既知の症候上の用語をあてはめて呼称する.薬剤によって誘発される不随意運動はジスキネジアと一括されるが,具体的な不随意運動のタイプは振戦,ミオクローヌス,舞踏病,チック,ジストニー,アテトーゼ,バリスム,アカシジア(静坐不能),など様々である.診断を考える際にはまず器質性病変をもった疾患を除外する立場が大切であるが,薬剤性不随意運動は様々な薬剤で生じるため,なんらかの薬剤を服用している場合には,薬剤性のものも鑑別に加える必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

薬物と神経筋障害:診断と治療の進歩 III.薬物副作用による神経・筋障害 3.薬剤誘発性不随意運動 近藤 智善 石口 宏 https://t.co/qNvVw4YdSR
@momoko8413 #ジスキネジア #ジストニア の専門医の先生方が治療にベンゾジアゼピン系医薬品は重要とらえていると川島様からお伺いしました。眼瞼痙攣だけが特にリスクが高いとも #遅発性ジスキネジア を起こす薬剤は多様です… https://t.co/xebMVp440w

収集済み URL リスト