著者
中島 和子 佐野 愛子
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.164, pp.17-33, 2016 (Released:2018-08-26)
参考文献数
29

多言語環境で育つ年少者の作文力の分析には,モノリンガル児とは異なり,4大要因(年齢,滞在年数,入国年齢,母語力)を踏まえる必要がある。本研究は,英語圏で収集した日・英バイリンガル作文(「補習校データ(2010)」)336名から選出した小学校6年生から中学校3年生(82名)を滞在年数と入国年齢によって短期・中期・長期の学習者グループに細分化し,各グループの特徴を把握すると同時に,日本語指導のあり方について考察した。分析の対象は,作文の構想を練る段階であるプレライティングと本文の文章構成力である。文章構成力の指標としたのは導入部分とまとめの部分,単文を使用する割合である。またバイリンガル児特有のトランスランゲージングと2言語の関係にも留意した。これら4大要因による学習者の細分化は,国を越えて移動する国内外の年少者一般の言語能力を把握する上で,また実態に即した指導への示唆を得る上で,極めて有用である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 6 posts, 0 favorites)

【全文公開】中島和子他(2016)「多言語環境で育つ年少者のバイリンガル作文力の分析」『日本語教育』164号https://t.co/8ssRiNTBOO
【全文公開】中島和子他(2016)「多言語環境で育つ年少者のバイリンガル作文力の分析」『日本語教育』164号https://t.co/8ssRiNTBOO
【全文公開】中島和子他(2016)「多言語環境で育つ年少者のバイリンガル作文力の分析」『日本語教育』164号https://t.co/8ssRiNTBOO
【全文公開】中島和子他(2016)「多言語環境で育つ年少者のバイリンガル作文力の分析」『日本語教育』164号https://t.co/8ssRiNTBOO
【全文公開】中島和子他(2016)「多言語環境で育つ年少者のバイリンガル作文力の分析」『日本語教育』164号https://t.co/8ssRiNTBOO
【全文公開】中島和子他(2016)「多言語環境で育つ年少者のバイリンガル作文力の分析」『日本語教育』164号https://t.co/8ssRiObcGm

収集済み URL リスト