著者
谷口 美穗
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.167, pp.1-14, 2017 (Released:2019-08-26)
参考文献数
19

非漢字系日本語学習者にとって,漢字は形が複雑で習得が困難であることが複数の先行研究から指摘されている。本研究では,漢字の字形と再生の難しさとの関係に注目し,漢字学習開始前の非漢字系マレー人日本語学習者を対象に,初めて見る漢字をどのように認識し字形をどのように再生するのか実験を行い,字形再生を困難にする諸要因の影響を検討した。要因としては,漢字の視覚的複雑性(単純・複雑),直線性(直線・非直線),対称性(左右対称・非対称)の3つを設定し,再生された漢字の完成度を予測する決定木分析を行った。その結果, 1)漢字の再生を困難にする要因として字形の視覚的複雑性が最も強く影響している,2)視覚的複雑性が低い漢字でも非直線的な漢字は再生されにくい,3)視覚的複雑性が高い漢字では対称性が漢字の完成度に強く影響し非対称的な漢字は再生されにくい,という3点が明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

【全文公開】谷口美穗(2017)「非漢字系日本語学習者の漢字再生を困難にする諸要因」『日本語教育』167号 https://t.co/gDNB2l5cMl
【全文公開】谷口美穗(2017)「非漢字系日本語学習者の漢字再生を困難にする諸要因」『日本語教育』167号 https://t.co/gDNB2l5cMl
【全文公開】谷口美穗(2017)「非漢字系日本語学習者の漢字再生を困難にする諸要因」『日本語教育』167号 https://t.co/gDNB2kNBnL

収集済み URL リスト