384 125 13 12 OA 社会脳の成長と発達

著者
相原 正男
出版者
認知神経科学会
雑誌
認知神経科学 (ISSN:13444298)
巻号頁・発行日
vol.18, no.3+4, pp.101-107, 2016 (Released:2017-03-25)
参考文献数
20

【要旨】脳の成長とは、脳が大きくなり、安定した構造に近づくことである。生態学の研究から、猿類の大脳皮質の大きさは、群れの社会構造の複雑さ(social size)に比例していることが報告されている。社会適応に必要とされるヒトの前頭葉、前頭前野の体積を3D-MRIで定量的に測定したところ、前頭葉に対する前頭前野比は乳児期から8歳頃まで年齢とともに緩やかに増大し8~15歳の思春期前後で急速に増大した。前頭葉は、可塑性はあるものの脆弱性の期間が長いことが想定される。脳の成熟とは、脳内情報処理過程が安定した機能になることで、神経科学的には情報処理速度が速くなること、すなわち髄鞘形成として捉えられる。生後1歳では、後方の感覚野が高信号となり、生後1歳半になると前方の前頭葉に高信号が進展した。これらの成熟過程は1歳過ぎに認められる有意語表出、行動抑制、表象等の前頭葉の機能発達を保障する神経基盤と考えられる。認知・行動発達を前頭葉機能の発達と関連させながら考察してみると、その発達の順序性は、まず行動抑制が出現することで外界からの支配から解放され表象能力が誕生する。次にワーキングメモリ、実行機能が順次認められてくる。実行機能を遂行するには将来に向けた文脈を形成しなければならない。文脈形成の発達は、右前頭葉機能である文脈非依存性理論から左前頭葉機能である文脈依存性理論へ年齢とともにシフトしていくことものと考えられる。一方、身体反応として情動性自律反応が出現しないと社会的文脈に応じた意思決定ができず、その結果適切な行為が行えないことも明らかとなってきた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (384 users, 388 posts, 428 favorites)

これが真の狙いか! しまった、盲点だった。 赤ん坊が他人の表情を読み取って感情脳(前頭葉)を発達させるのは良く知られている。   ↓ ↓ https://t.co/6FP3ZAZ5SR 真の機械人間を作成する、最高最悪の策。 https://t.co/jUzxqv7cEX
https://t.co/wvFmkwRfJN というわけで改めて調べてみると、脳の重量的発達の臨界期が3歳という事で、4歳になるくらいまで(3歳児の間)は引き続きカフェイン摂取は原則不可、前頭葉:前頭前野の比率が大きく変動する15歳くらいまでは、カフェインはコントロール下に置いたほうがいいのかな。
【社会脳の成長と発達】https://t.co/hPDlPfEG6h 社会適応に必要とされるヒトの前頭葉、前頭前野の体積を3D-MRIで定量的に測定したところ、前頭葉に対する前頭前野比は乳児期から8歳頃まで年齢とともに緩やかに増大し8~15歳の思春期前後で急速に増大した。前頭葉は脆弱性期間が長いことが想定される。 https://t.co/mSJaF1U3LA

収集済み URL リスト