著者
平田 恵理 清水 清香 梅田 智子 小林 拓 中野 雅 樋口 肇 芹澤 宏 岩崎 直子 森永 正二郎 常松 令
出版者
一般財団法人 日本消化器病学会
雑誌
日本消化器病学会雑誌 (ISSN:04466586)
巻号頁・発行日
vol.112, no.9, pp.1696-1704, 2015-09-05 (Released:2015-09-05)
参考文献数
22

Maturity-onset diabetes of the young type 3(MODY3)の19歳女性.画像検査で肝細胞腺腫症を疑い,肝腫瘍生検でhepatocyte nuclear factor(HNF)1α不活性型の肝細胞腺腫症と確定診断した.MODY3と肝細胞腺腫症は両者ともにHNF1α遺伝子異常が原因であり,合併することが知られているが,本邦では自験例が初めての報告となる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 5 favorites)

・MODY3と肝細胞線腫 HNF1α遺伝子変異があると,肝細胞腺腫を合併することが多い.大半は肝血管腫と診断されている.癌化しにくいが,5cm以上だと出血する可能性が有り,手術が必要なことも. 自分は18歳ころに7mmの肝血管腫を指摘されました.たぶん肝細胞腺腫なんだろーな. https://t.co/5QHES8MWIB https://t.co/aZSpDzJEou

収集済み URL リスト