著者
小林 盾
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.81-93, 2010-03-31 (Released:2010-10-03)
参考文献数
24

この論文では,社会階層の違いがどのように食生活の違いとして現れているのかを,健康への影響に着目して調べた.食生活として野菜と海藻を事例とした.分析の結果,高階層の人ほど野菜と海藻をよく食べ,そうした人たちほど健康と感じていた.野菜と海藻は,バランスのとれた食生活を象徴していると考えられる.これまで,社会階層が食生活にどう影響するのかは分かっていなかった.そこで,東京都西東京市在住の35~59歳女性を対象として,郵送調査を実施してデータを得た(回収人数822人,回収率68.7%).分析の結果,以下のことが明らかになった.第一に,高階層の人ほど野菜と海藻を毎日食べていた.たとえば,高校卒のうち15.4%が毎日海藻を摂っていたのにたいして,大卒だと27.5%,大学院卒だと50.0%であった.第二に,野菜や海藻を毎日食べる人ほど,健康と感じていた.野菜と海藻のどちらも毎日は食べない人のうち,健康に幸せまたはやや幸せと感じるのは81.2%,両方を毎日食べる人のうちでは91.1%だった.第三に,教育から健康への影響を調べた結果,野菜と海藻の摂取が媒介変数となっていた.第四に,みそ汁摂取と朝食摂取が効果をもたなかったので,伝統的な食生活や規則正しい食生活が,健康を促すわけではなかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 5 posts, 0 favorites)

結論:社会階層が高い→野菜を毎日 & 海藻を毎日食べる→バランスのとれた食生活→健康に幸福を感じる https://t.co/3cRagcpHqJ とのこと。それはともかく、老後、昆布と煮干し(or鰹節)で出汁とって、味噌汁などよ… https://t.co/z5KBrnVP0Z
Wao https://t.co/YAXFDK0Wsj
この論文によると、伝統的な食生活や規則正しい食生活が,健康を促すわけではないらしい。「社会階層と食生活 ─健康への影響の分析─」 http://t.co/M1f63Ml2
この論文によると、教育から健康への影響を調べた結果,野菜と海藻の摂取が媒介変数となっていたらしい「社会階層と食生活 ─健康への影響の分析─」 http://t.co/M1f63Ml2
この論文によると、野菜や海藻を毎日食べる人ほど,健康と感じていたそうだ。「社会階層と食生活 ─健康への影響の分析─」 http://t.co/M1f63Ml2

収集済み URL リスト