Toshihiko Shirakawa (@candidusflumen)

投稿一覧(最新100件)

RT @myamadakg: J-STAGE Articles - 権力構造の発生モデル https://t.co/I9Hk2wrINt 男女の会話分析から進化ゲーム理論で性による権力を産出するメカニズムへ.
「量 子 論 に お け る 最 小 作用 原 理 (1 )一 確 率解析学 と確率変分学 一」 ファインマンの経路積分による最小作用原理では不十分だとして、確率量子化からの確率変分という方法を試みている論文のシリーズの1回め → https://t.co/TVEj4GgKN0
「量子情報幾何学の世界」 情報幾何学の量子版の話のようだが、量子情報の幾何学と取る層もいるかもしれない → https://t.co/03vhpswkSR
この文書によれば、粒子と波の2重性等を統一的に扱うみたいなことが書かれているが、そうであるなら、波動性はあくまでも多数の粒子が通過する時に起こるものという解釈がされているので、量子場の理論のあり方も変わるかもしれない → https://t.co/uVni9r8GEe
「場の 量子論の 数理」新井 朝雄 難解な数学を使うテキストというか本を出していると評価されている方の量子場についての文書 → https://t.co/uVni9r8GEe
「代数的量子論における文脈依存性」 量子情報の研究者からは、文脈なんて関係なかろう、過去の量子論の哲学的アプローチが為された暗黒時代の残骸とみなされるのだろう → https://t.co/B2WZWOeXJ9
「アフリカ音楽分析――ジャズのルーツとしてのポリリズムと音律――」 アフリカ音楽分析して来た方の文書。アフリカのリズムに関して分析していた興味ぶかい。また、Perfumeの「ポリリズム」という曲で、ポリリズムを知った気になっている… https://t.co/HYru4stOgc
「非可換幾何学と場の理論」綿村 哲 2000年10月に出された物理学会誌に載せられた文書。この頃は、非可換幾何学が場の理論に発展を大きく寄与すると期待が持たれていて、こんな文書が載せられた頃があった → https://t.co/2xCQNkLMX6
「非 可換 微 分幾何 学 入門」 D-braneを扱うには、非可換幾何学では難しいので、非可換微分幾何学というものを構築しようという試みの話 → https://t.co/yYycjjnttc
「加速分子動力学法の開発と応用–Adaptive Boost 法 (AB 法)–」 加速分子動力学法というものがあることを知らなかった。そんな加速分子動力学法の中のAdaptive Boost 法 を紹介した文書だ → https://t.co/ZWXVNOWFjT

76 1 0 0 OA 量子群の結晶化

RT @tet_shirasaka: チャーン賞を受賞された柏原正樹さんの重要な発見のひとつである「結晶基底」については、こちらの柏原さん本人による記事が日本語で読める明瞭な解説です。 https://t.co/m5kfOu0XRe https://t.co/LjY9MRiZMV
「量子力学的観測 と物理的実在」 量子力学の観測問題を動機として物理的実在について考察している文章のようだが、量子力学の観測問題は、もはや存在せず、物理的実在は、素朴唯物論の考えに戻ればよく、このような哲学的考察をする時代は終わっ… https://t.co/NNmxnXp5G6
昔の素粒子論研究のpdfファイルで、「Octonion と QCD」という多元数上 のスピノルを用いて QCD を再定式化する話だが、この記事の前の「拡がった素粒子」の内容が気になる。 → https://t.co/0AtwBM4j25
RT @asonosakan: 「無限小解析と観測問題」(量子力学的観測理論 研究会報告) https://t.co/xkiJ2NyGN4 小澤正直先生といえば小澤の不等式で有名だけど、量子力学に超準解析を導入することで観測問題を解決しようとする面白い研究もある。
「The Bright Side of Mathematical Chemistry」by Haruo HOSOYA Mathematical Chemistryの分野でトポロジーを駆使して、その結果自分の名前が使われたことを述べ… https://t.co/7rusBWCF1C
「On Solved and Unsolved Problems in Chemistry」 Mathematical Chemistryで解決した問題と未解決問題を紹介している → https://t.co/tucz6QGt8W
「Chemistry-Mathematics-Philosophy Brew: a Personal Approach」 グラフ理論やトポロジーを用いて化学の問題を研究するという話のようだ → https://t.co/7ccF98nqCy
「並列密度行列繰りこみ群法の開発と量子物理学への応用」 既存の第一原理計算には電子相関を十分に取り込めない限界があって、それを乗り越える手法を説明している → https://t.co/JtSDOxeDz5
この物性論と一般相対論との関係を探る試みから、物性研究者であっても一般相対論を学ぶ必要があると一般相対論帝国主義者は思うかもしれないが、一般相対論が理論物理研究の基礎となるからでなく、物性論と一般相対論とがある意味繋がっているから… https://t.co/GZPIkRzeVW
「エンタングルメントで見る時空の幾何学構造とテ ン ソ ル 積波動関数」 エンタングルメント・エントロピー、幾何学的見方、「AdS/CFT対応 」を物性物理に応用しようとした意欲的研究で、余剰次元を考えると、局所的・平均場的取扱い… https://t.co/jwel0vjqIu
「物性研究」という物性研究者向けの雑誌で、強相関電子系の理論においても幾何学の話題が増えていて、問題を見通し良く解くためにヒルベルト空間の部分空間に着目すると、その空間は曲がったり捻れたりしていると都合が良いと主張している → https://t.co/kNv8tAvRcj
「エンタングルメントで見る時空の幾何学構造とテ ン ソ ル 積波動関数」 エンタングルメント・エントロピーとその変分法への応用とい う物性物理 の最先端課題 が, 大きな可能性と他分野との 関わりを持っていることを説明した、100… https://t.co/6z3S8MFHow
「フォン・ノイマンによる効用の可測性の議論と公理論的熱力学におけるエントロピー概念の関連」 数理経済学における” 効用の数値的尺度”と熱力学のエントロピーとの関連を議論したもの → https://t.co/RL07NpdBBJ
「量子論理は論理か」 科 学 哲 学という雑誌14巻だか14号だかの量子論理についての論説だ https://t.co/xGDcXneigv
「FMOプログラムABINIT-MPの開発状況と機械学習との連携」 ABINIT-MPも機械学習と連携するのかと感慨深い。 AzureとTensorFlowを使ったと書いてある。 → https://t.co/QuHkcqNPK2
「超 弦理 論 と数論」by 黒 川 信 重 元々、素粒子論と素数論での 「4 つ の 力 の 統 一」 と 「4 つ の ゼ ータ 関 数 の 統一」に関心を持っていた著者による、超弦理論と数論のには上記の関係があるのではという… https://t.co/ZrrQbq55It
RT @k1ito: 最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上あるので重い) https:/…
トポロジカル物質の登場により、トポロジカル分類表の確立に向けて網羅的かつ系統的なことをするためにはトポロジーをバリバリに使わないといけないという感じのことが書いてある → https://t.co/tT3A0R9I6D
トポロジカル物質の登場により、物性論の世界でも、トポロジーをバリバリに使って、K理論まで使った研究をしている事が伺える。 → https://t.co/tT3A0R9I6D
RT @kagamin_hr: こんなに楽しい文献があったのですか。不勉強にて知りませんでした。 現代集合論における巨大基数(<特集>あたらしい数理論理学の揺籃:証明論的な順序数と集合論的な順序数) 薄葉 季路 藤田 博司. https://t.co/a4tl34sYu1
RT @subarusatosi: 共変解析力学の(全)論文: 中村 匡, https://t.co/ds9CZE2eGP 神長保仁, https://t.co/0Bmeduqmzg 私, https://t.co/NF6UWx5vOW 私, https://t.co/Z8wG…
「印哲」は何を目指 してきたのか?」 この文書の導入で、印哲は、 「仏教学」 とくに教理 ・教学の研究を中心にものであることを知った。 → https://t.co/Rf9mXv99Ta
昨年の春の物理学会の予稿だが、重力発電の発表をまだ続いていることに驚いた → 「重力発電「49」 」 https://t.co/i3C6My6EQs
「三角圏上におけるstabilityとモジュライ」 代数幾何学的観点から、この分野を解説したもの → https://t.co/sdRMCtFv69
RT @Paul_Painleve: 再掲。佐藤超函数でお勧めの文献は原論文 https://t.co/vNqCpQ8JaC https://t.co/NLp6BMPwqG 日本語なら雑誌「数学」 https://t.co/JyBtZYatoa 数理研講究録(浪川記) http…
RT @Paul_Painleve: 再掲。佐藤超函数でお勧めの文献は原論文 https://t.co/vNqCpQ8JaC https://t.co/NLp6BMPwqG 日本語なら雑誌「数学」 https://t.co/JyBtZYatoa 数理研講究録(浪川記) http…
RT @Paul_Painleve: 再掲。佐藤超函数でお勧めの文献は原論文 https://t.co/vNqCpQ8JaC https://t.co/NLp6BMPwqG 日本語なら雑誌「数学」 https://t.co/JyBtZYatoa 数理研講究録(浪川記) http…

49 0 0 0 OA 超函数の理論

RT @Paul_Painleve: 再掲。佐藤超函数でお勧めの文献は原論文 https://t.co/vNqCpQ8JaC https://t.co/NLp6BMPwqG 日本語なら雑誌「数学」 https://t.co/JyBtZYatoa 数理研講究録(浪川記) http…
「位相的場の理論とモース理論」日本数学会の「数学」Vol. 46 (1994) での記事だ https://t.co/NTdKiugI9o
「猫にはわかる量子プログラミング」 ルビがたくさん打っていて読みにくかった https://t.co/1TtWHLzON2

12 0 0 0 OA 大・阪急

RT @kozologue: 大・阪急:国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/JHXs1QiHqA 昭和11年に阪急百貨店が第四期増築で全館完成した時の記録誌。今の #べっぴんさん の話より10数年遡るが、昭和7年開業以降の経緯や当時の販売品や付随する事…
「化学反応のはなし:輝く皆さんに」 分子科学会の雑誌で、化学反応を量子化学的に解説している記事 https://t.co/EdUW2nBrhy
最初に、相転移や繰り込み群とかスケーリング則とかの簡単な説明があるhttps://t.co/OpCLhyh2s8
「量 子 ス ピ ン 系 の 理 論」by 田 崎 晴 明 https://t.co/FOShWkr8rb
RT @Perfect_Insider: Haldane予想に関しては田崎さんの「量子スピン系の理論」が古いけどよくまとまってると思うhttps://t.co/bOgEoFuGqq
「並列分子科学計算プログラムの電力制約下における性能最適化」 実際はプロセッサは消費電力にバラツキがあり、これを均質化することで並列プログラムの性能を向上させるための電力配分手法の概要と性能評価が書かれているようだ https://t.co/eIx5XDkJFB
「データ集約型化学へのパラダイムシフト」 インフォマティクス的手法を使う計算化学の時代に来ているという文章 https://t.co/Fjv24XWeks
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 無尾翼機の縦の静安定性の評価法(安東 茂典ほか),1992 https://t.co/Sya7ZCwf1q Static longitudinal stability of …
この記事の中で、物質設計システムが提案されていて、エキスパートシステムを活用しようと提案しているが、マテリアルズインフォマティクスで機械学習を使う現在になって、ようやく現実化したという感じだ。 https://t.co/JqKeougreh
「半 導体 の電 子状態 計 算 と物 質設 計 へ の道」 1989年の記事みたいだが、この記事で言われたような物質設計が、どれだけ実現できたのだろうか。 https://t.co/JqKeougreh
「Derivation of Relativistic Wave Equations 'in the Theory of EleEnemtary Demains」 湯川秀樹以外の素領域理論に関する論文 https://t.co/LchNyiyfWk
「全電子混合基底法プログラムTOMBO を活用した材料科学」 今更ながら、全電子混合基底法というものを知った https://t.co/idVLC7HMTz
「南部・ゴールドストーンボゾンの統一的理解」by 渡辺 悠樹 村山 斉 南部・ゴールドストーンボゾンを統一的に理解す る一般論の話だが、この記事を物理学会誌で読んだ時、軽く感動した。 https://t.co/ZmQUqaFjkq
「密度行列繰 り込 み 群の 最近 の 話題一 テ ン ソ ル ネ ッ トワ ー クに潜む エ ン タ ン グル メ ン ト構造」 2010年の物理学会の記事、この話題が、こんんなに古い時期からあったのを今更気付いた。 → https://t.co/mBDOiuF1ym
「高校生女子の人間関係悪化とメ ー ル利用の関係」 この論文は2012年のものなので、LINEについて目配りをしていないのだろう。今なら、LINEで同じようなことを考察するのだろう https://t.co/hAEbBV7Lqq
「高校生女子の人間関係悪化とメ ー ル利用の関係」 興味深い論文だが、LINEが流行っている現代に於いて、前時代的な考察かもしれない https://t.co/hAEbBV7Lqq
「インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に与えた影響とそこから生まれた歪み」 この文章では、インパクトファクターに関する最も重大な問題は,研究評価への誤用だと述べている。 → https://t.co/0dG7rmc41J
「情報通信への情報統計力学的アプローチ —「たくさんあること」がもたらすもの—」 近年の情報統計力学的アプローチの概要の解説と,線形符号の復号の問題に対する情報統計力学からのアプローチの一端を紹介したもの https://t.co/ekRaLMDMlK
「同質原理に基づくネットワークダイナミクスをもつ情報伝播モデル」 ネットワーク構造の創発と同質原理との因果関係を研究した話 https://t.co/O4XLtrbUYX
「"人工知能"のための統計力学」 統計力学の理論を人工知能のために活かす研究について述べているみたいだ http://t.co/A1NbdVRB68
「量子力学の基礎に関する最近の話題」by 筒井泉 http://t.co/N5plsykS6L
オピニオンリーダーの研究に複雑ネットワークの研究を適用しようとするような文脈に見える → http://t.co/LUooWs1zP9
「社会ネットワークの視点から見たオンライン・コミュニティ : ネットワーク構造分析によるオピニオン・リーダー研究」 社会ネットワーク理論と複雑ネットワーク理論を消費者行動研究や、マーケティング研究に適用できる研究手法の試み http://t.co/LUooWs1zP9
「時間減衰ダイナミクスをもつ投票者モデルによる意見形成」 『本研究では、人々はオピニオンを、友人たちのオピニオンに 基づいてどのよう決めるのかという問題を論じるために、オピ ニオンダイナミクスの数理モデルを考える。』 https://t.co/k7aavMYskx
「情報通信への情報統計力学的アプローチ —「たくさんあること」がもたらすもの—」 難しい組み合わせ最適化問題に対する近年の情報統計力学的アプローチの概要を解説 https://t.co/vJ7FZhyOiJ
「結晶粒成長シミュレーションのための 二次元局所曲率マルチバーテックスモデルの提案」 鉄鋼などの金属材料の特性に影響を与える集合組織の変化を予測するたのモデルの中でバーテックスモデルの系譜にあたるモデルの提案の話 https://t.co/HRCuO5IQQi
「格子ボルツマン法 : 新しい流体シミュレーション法(<シ リーズ>物性研究者のための計算手法入門)」 「物性研究」という雑誌に掲載された入門的な記事 http://t.co/Uh8kvIZtJW
「交換の パ ラ ド ッ ク ス 一 等 価概念の 検討一 」 最終的には,交換の成立が偶然的性格を持ち,等価性 の考えが恣意的なもの だということを明らかにしようとしたもの http://t.co/Tkf5keQTBI
「交換のパラドックス-等価概念の検討-」 http://t.co/odi6E0qmg0
「ス ピ ン フ ォー ム 模型 に よ る 量子 重 力理論の 統一 」 日本でもループ量子 重 力理論系の研究があることを示す文章 http://t.co/lyO2hrEND9
「有限準位量子開放系の状態空間と力学」 2004年の3月に発表された博士論文 https://t.co/hGCxJUMXyn
ある量子情報の研究者から批判されている編集者の物理学会誌での量子コンピュータに関する記事 「二 人 の 悪 魔 と 多数 の 宇 宙-量 子 コ ン ピ ュ ー タの 起源-」 http://t.co/aSqXU9iU08
「Grothendieck Toposへの入門試論(数学基礎論)」倉田令二朗 の文章である。 http://t.co/xxrr0gqS86
「Grothendieck Toposへの入門試論(数学基礎論)」 手書きである http://t.co/xxrr0gqS86
「微分形式で見た電磁気学 : あるいは2+1次元人の電磁気学と時空平等解析力学について」 微分形式によって電磁気学を見直した話。と,「時間と空間を平等にあつかう正準形式」という話題も扱っている http://t.co/6aeLNAbI7v
「動き始めたアルマ望遠鏡 ――星間化学の新時代の幕開け――」 本文とは関係ないが、アルマ望遠鏡のプログラミングに関する求人がハローワークで見つけた。ダメ元で応募したがダメだった https://t.co/oesC00VCkq
「DNA モデル塩基対の励起状態二重プロトン移動の協奏的機構と 段階的機構の長い論争の始まりから終わりまで」 https://t.co/J7bDe6anKr
「液体界面の計算分子科学」 https://t.co/08XuUFYxeR
「非経験的密度行列繰り込み群に基づく多参照電子状態理論」 密度行列繰り込み群の手法を量子化学計算へ適用するための詳細な理論,定式や数値的技法についての議論をしている https://t.co/S6Vd5j7fxb
「非経験的密度行列繰り込み群に基づく多参照電子状態理論」 一電子理論では定性的に捉えることができない問題を扱う密度行列繰り込み群の話 https://t.co/S6Vd5j7fxb
「新しい化学へ向けた化学動力学の基礎理論の展開 ―電子動力学―」 筆者の研究歴を述べている https://t.co/QeCykD1SHr
この文章によれば、化学系/物質化学の分野は、シミュレーション技術者の人材育成に関して、他の分野よりも随分と遅れていると書いてある https://t.co/ngIkFBZPs8
「Marcus理論に基づいたDNAの過剰電子輸送に関する理論的研究」 Marcus理論に基づいて,密度汎関数理論(DFT)レベルの量子化学計算によるDNA内EET速度の算出の試みについて書かれてる https://t.co/BDm7jCiTjU
「南関東の放射性物質の環境動態」 日本コンピュータ化学会の和文誌での記事 https://t.co/lTY3voIJI3
「代数幾何学と導来圏」 導来圏の理論と双有 理幾何学の関係についての解説 https://t.co/D5gAjlvVMJ
RT @f_nisihara: 博士号を持ちながら、50歳になっても週15コマの非常勤講師をしながら無給の研究員として研究を続けている人の話。オープンアクセスになっているので、誰でも本文が読めます。 - 「ある非常勤講師の場合」 http://t.co/Xq4nVuHh
「講 義 ノ ー ト 量 子 ス ピ ン 系 の 理 論 」田 崎 晴 明 物性研究という雑誌に1992年に掲載された文章 http://t.co/8oprJGaoHZ
「多体散逸粒子動力学法による溝を有する流路内のメゾスケール流動解析」 https://t.co/irato66euo many-bodyなmulti-bodyなDPDについての文章だ
以下の記事では、 DPDは、水分子3個を1粒子とすると書いていて、所謂粒子法の粒子よりも小さいイメージを想起させる https://t.co/8yecHVBsBO
「鉄鋼の腐食・環境脆化研究の進歩と将来」 https://t.co/3M0rXpwTNi 鉄鋼の腐食科学と防食技術のこれまでの歩みを振り返り,その中から,大気腐食と環境脆化の科学技術の変遷を掘り下げ,今後の方向性を述べた文章
「状態図と合金設計の進歩と応用展開」 https://t.co/GpzlnOxK1F 主に状態図データベースを利用した材料開発について具体例を挙げて紹介した文章。コンピュータによる実用レベルの多元系合金の計算が可能になった事が、特筆すべきことの一つみたいだ
「転位論・強化機構論 -その歴史の概略と現状の問題点-」 https://t.co/sSq6hucLsA → 転位論に基づいた金属強度論についての話
「BCC-Feの軸比と磁気モーメントに及ぼす炭素の影響の第一原理計算」 https://t.co/gQZ6FUxBj5 → 「鉄と鋼」という雑誌での第一原理計算の応用例
鉄鋼分野では、材料内部組織と特性に関するデータベース化と各種シミュレーションの連携の必要性が明らかにされたらしい → https://t.co/JdaDbdCSdA
「計算材料科学の進展と展望」 https://t.co/JdaDbdCSdA 鉄鋼材料の場合でのシミュレーションの話で、材料設計研究の基盤技術として大きく期待される計算科学の歴史的な発展を要約し,特に注目される分野に関する最近の動向と今後の展望について詳述したもの
「博士論文紹介「超並列マルチスケールシミュレーション MSFEL 法で探る生体分子の自由エネルギー地形」 」 https://t.co/uq0ria5NBz ‥‥ 蛋白質における自由エネルギー地形を効率的に計算するための計算手法を開発したという文書
「粒子描像の流体力学計算手法 I」 分子シミュレーション研究会会誌 “アンサンブル”の連載の記事で、所謂、粒子法の話というより、もっと微細な世界の流体を扱う話みたいだ https://t.co/8yecHVBsBO
RT @hashimotostring: 三輪哲二「モジュラー不変性という緑色の指輪をまわしながらその池に飛び込むと, そこには一つの世界がひろがっていて… conformal field theory という世界から帰ってきた我々は, もう一度隣の池に…」http://t.c…
「社会的迷惑行為の抑止策としての好意の提供」 油尾 聡子, 吉田 俊和 https://t.co/rK1cWFKR30 報酬による迷惑行為の抑止効果について実証した研究についての報告
RT @Carnot_1824: 【再掲】白鳥紀一,「軍関係者と物理学会」,物性研究,13(3),1969 http://t.co/3NWYmYAqiY …より “しかし,半導体国際会議への米軍資金導入以来問題とされてきたのは,まさにその「政治ぬきに物理のことだけを考え」てする…

お気に入り一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 権力構造の発生モデル https://t.co/I9Hk2wrINt 男女の会話分析から進化ゲーム理論で性による権力を産出するメカニズムへ.
『南部の発想の源を求めて:なぜ最後に流体力学か』 南部力学のお話です。 https://t.co/BW8APdbKj9
@ishiiakira @Mihoko_Nojiri J-Stage の URL を載せたほうがうれしいかもしれません。 「ヒット現象の数理 : 映画からAKB総選挙まで」 https://t.co/aEMkow7xga 「… https://t.co/baTSMAYeK4
@ishiiakira @Mihoko_Nojiri J-Stage の URL を載せたほうがうれしいかもしれません。 「ヒット現象の数理 : 映画からAKB総選挙まで」 https://t.co/aEMkow7xga 「… https://t.co/baTSMAYeK4
有限単純群の分類の歴史は、鈴木群を発見した鈴木氏の解説(https://t.co/bPj7kdXtfb)に詳しいですが、非常に多くの数学者で分業が行われ、膨大な量の論文の積み重ねで達成された完全な分類は、まさに人類の英知の結集と呼ぶにふさわしいものです。
エントロピー生成率最大化原理 https://t.co/3NqPZMwjNY
PEZY-SC, SC2、ならびにZettaScalerシリーズに関するもっとも公式な資料は https://t.co/J55ykpoZRN にあるからな、なにかものを申したいならまずこれを読んでからにしてくれよな
すべてをゼータ関数から導き出すというゼータ主義の立場からすれば,(超弦版の)宇宙のゼータ関数を計算することは,その特殊値と振幅との関連等,大変興味あることだと思われる.(黒川信重) https://t.co/rOti8B5QGb
@AKT_TR 出張で何度か使いましたが、そういえばそうでした… 軽く調べてみましたがあまり議論されてないようで意外です。下の記事ぐらいでしょうか。 https://t.co/O73yDmqqND 仰っていた駅名を入れる改善案も最… https://t.co/7EaYrBlm6k
"深層ニューラルネットの積分表現理論"、園田 翔、博士論文、2017年2月、早稲田大学 https://t.co/MCIyuOs36X 「深層ニューラルネットの中で何が起きているのか,なぜ深層にした方が良いのかという問題に対して」… https://t.co/YZXHfRt324

12 0 0 0 OA 大・阪急

大・阪急:国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/JHXs1QiHqA 昭和11年に阪急百貨店が第四期増築で全館完成した時の記録誌。今の #べっぴんさん の話より10数年遡るが、昭和7年開業以降の経緯や当時の… https://t.co/G6nzpQl94i
梅沢博臣さんの場の量子論の本もあったはずだが、それは私は背表紙しか見たことがない。理学部図書室の廃棄物置き場に無造作に置いてあったのを、勿体ないと思って眺めたことを思い出す。まだ学部生で、その本の重要性に気づいてなかった。たぶんこの本。http://t.co/7rIY5xNudm
科学技術報道について研究者が伝わらなかった、間違った報道をされたと感じる事例についてはこちら https://t.co/vRi0N7wIeN
「量子力学から超対称性へ」http://t.co/CzckasRzHX 説明はかなり丁寧め,学生の方にはいいのかも.第5章を眺めてみるとshape invarianceを使って厳密に解ける量子力学を作る方法が紹介されている.参考として http://t.co/jhr2AU7Jtb
そのあとの末谷さんと伊庭さんのやりとりも面白くて、思わず「無時間の思想」http://t.co/o1mGW4y2sA 再読してた。ここにある確率モデル的世界と力学系的世界との相克、そしてさらにそれが身体性の問題へつながるあたりまで、これがいまでも自分にとっていちばん重要だと思う。
早野坪倉宮崎論文(英文 http://t.co/qCmBoNod10 )日本語抄訳( http://t.co/7OCOXt1rOj )は,この夏に取りまとめられる国連科学委員会 UNSCEAR の福島原発事故報告書に採録されることが決まっています.
早野坪倉宮崎論文,本日公開(英文) http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳もどうぞ http://t.co/7OCOXt1rOj @nhk_news: 福島の内部被ばく 食品からはほぼなし http://t.co/YRn2wnXGdN #nhk_news

フォロー(2025ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @conisshow: 戦後の占領期には、子どもの取引(人身売買)を「問題」ととらえる認識が必ずしも共有されていた訳ではなかった https://t.co/CFuekp5XXL GHQは問題と考えていても、日本人は問題とは考えていなかった。 児童福祉法(1947年~…
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
RT @conisshow: 戦後の占領期には、子どもの取引(人身売買)を「問題」ととらえる認識が必ずしも共有されていた訳ではなかった https://t.co/CFuekp5XXL GHQは問題と考えていても、日本人は問題とは考えていなかった。 児童福祉法(1947年~…
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
RT @ringoame8200: 来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
RT @conisshow: 戦後の占領期には、子どもの取引(人身売買)を「問題」ととらえる認識が必ずしも共有されていた訳ではなかった https://t.co/CFuekp5XXL GHQは問題と考えていても、日本人は問題とは考えていなかった。 児童福祉法(1947年~…
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
RT @ringoame8200: 来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
RT @ringoame8200: 来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
グローバルアイ〔第41 回〕「短い勤務時間で優れた研究成果を数多く出すには」 https://t.co/OMi1jj0KHx
もちろん白熱灯とLED照明との演色性の違いということなのだけど、ならマグロ・ミオグロビンのメト化率による反射スペクトル変化を視認しやすいよう500nm付近の波長の照明を用いれば、初心者でも「目利き」ができるようになるのだろうか?… https://t.co/6HvGsfHYAs
(メモ)友野清文「「親になるための学び」について ─「家庭教育支援条例」と「ライフプラン教育」をめぐって─」https://t.co/a9ETMqomZo 同「改定教育基本法制下における家庭教育の政策動向について─家庭教育支援条例… https://t.co/Qnue0zZk4g
(メモ)友野清文「「親になるための学び」について ─「家庭教育支援条例」と「ライフプラン教育」をめぐって─」https://t.co/a9ETMqomZo 同「改定教育基本法制下における家庭教育の政策動向について─家庭教育支援条例… https://t.co/Qnue0zZk4g
水谷仁「マックス・ヴェーバーの政治思想 : 政治を通した生の意味獲得」(博士論文) https://t.co/cKeCMD2G7i
RT @shunsukekosaka: おそらく私家版だと思われるが、家入先生がナジアンゾスのグレゴリオスの著作をどんどん翻訳しているようだ。詩集だけは以前に取り寄せて拝読した。意義ある訳業だと思う。 https://t.co/tO6jGtP0BA https://t.co/…
RT @shunsukekosaka: おそらく私家版だと思われるが、家入先生がナジアンゾスのグレゴリオスの著作をどんどん翻訳しているようだ。詩集だけは以前に取り寄せて拝読した。意義ある訳業だと思う。 https://t.co/tO6jGtP0BA https://t.co/…
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
RT @ringoame8200: 来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…
RT @frroots: 上谷さんの江原論。 フェミニズムと知識/言語の社会学 -江原由美子「権力作用」論の再考をとおして  https://t.co/77wSCw66b9
日本スポーツ産業学会で発表された菅文彦先生たちの「チーム・アイデンティフィケーションと地域愛着の因果関係に関する考察」。芸術祭など、地域と関係する他の事業についても、同じように検証することができそうだし、足りない部分を考えるきっか… https://t.co/YonH3nmqv9
RT @shoemaker_levy: ちなみに大庭健氏がらみではこういう史料紹介がありまして。ご関心の向きはどうぞ。CiNii 論文 -  湯浅治久「土佐山内氏家臣大庭氏の中世系譜認識と「軌跡」 : 大庭健氏蔵『大庭氏世系図』の紹介を兼ねて」 https://t.co/1MT…
RT @hiroco2003: 「推定された所得と平均寿命の相関を見ると、女性では有意な相関を見出せないが、男性では地域の所得水準(中位値)が高いほど、また地域内の所得格差(四分位分散係数)が小さいほど平均寿命が長いという関係がある。」 都道府県別に見た世帯所得の分布と平均寿…
西欧中世における反イスラーム論 : 極めて困難な相互理解 : ラモン・マルティの事例を中心に〔ジュゼップ・エルナンド(バルセロナ大学)〕上 https://t.co/USuCXDlu5V 中… https://t.co/VG8oyIg3rd
西欧中世における反イスラーム論 : 極めて困難な相互理解 : ラモン・マルティの事例を中心に〔ジュゼップ・エルナンド(バルセロナ大学)〕上 https://t.co/USuCXDlu5V 中… https://t.co/VG8oyIg3rd
西欧中世における反イスラーム論 : 極めて困難な相互理解 : ラモン・マルティの事例を中心に〔ジュゼップ・エルナンド(バルセロナ大学)〕上 https://t.co/USuCXDlu5V 中… https://t.co/VG8oyIg3rd

2 2 2 0 OA 3つの法則

https://t.co/U2BUvamQKN 「三つの法則」 今の大学に移動して、二年目に大学の物理教育誌に寄稿した文章です。かなり、辛辣な内容ですが今読んでも違和感はないです。人ってそんなに進歩しないんですね。
RT @subarusatosi: 翌年、1942年の 宮島 龍興「擬スカラー中間子についての注意」 https://t.co/tUeT17CHG2 では、1種類の中間子を仮定するなら、擬スカラー場が最も都合が良いと書いてる。
翌年、1942年の 宮島 龍興「擬スカラー中間子についての注意」 https://t.co/tUeT17CHG2 では、1種類の中間子を仮定するなら、擬スカラー場が最も都合が良いと書いてる。
RT @keitanakajiman: 早稲田大学スポーツ科学研究科のメンバーが発表した論文。「チームの事が好きになったら地元の事も好きになるのは本当か?」をテーマにFC今治を対象に長年研究。 結果は"YES"。 学術的に非常に貴重な立証です。様々なアンケート実施にはこうい…

1486 567 315 1 OA 大正震災志

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、関東大震災時の新聞記事を出して「朝鮮人暴動の証拠!」なんて得意顔するのやめて! それ、1926年発行の公式記録『大正震災志』(p270-)でとっくに否定されてるデマ記事よ! https://t.co/nPtcj7teuN h…
RT @frank_heaven: これは読みたい人多いんじゃないかな?野村駿,2018,「バンドマンのフリーター選択・維持プロセスにおける積極性と合理性:若者文化の内部構造に着目して」『東海社会学会年報』10: pp.122-132.  https://t.co/2UslBy…
ちなみに大庭健氏がらみではこういう史料紹介がありまして。ご関心の向きはどうぞ。CiNii 論文 -  湯浅治久「土佐山内氏家臣大庭氏の中世系譜認識と「軌跡」 : 大庭健氏蔵『大庭氏世系図』の紹介を兼ねて」 https://t.co/1MTdvodmKo #CiNii
@linkdilettant 詳細はこれに詳しいです。 二重抗原曝露仮説 https://t.co/WelwXW6JkR 食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関連もよく言われていますが、経皮での感作からアレルギーが惹起されるという… https://t.co/IqzwramKh7
RT @yearman: GPAと入試方式についてひとまず公にされているものから1つ。大学名を公表してないけど,推して知るべしですね https://t.co/Me2WyNufYn
RT @yearman: GPAと入試方式についてひとまず公にされているものから1つ。大学名を公表してないけど,推して知るべしですね https://t.co/Me2WyNufYn
CiNii Books で検索してみると,この〈ダーウィン書簡集〉を現時点でコンプリートで揃えている国内の大学はほんの片手で数えられるくらいしかない. https://t.co/VmNWYvxCRr
RT @RyoseiWakabaya1: ダシ好きな私にはたまらない論文 →「ダシ(出汁)がヒトの自律神経活動および精神疲労に及ぼす影響」https://t.co/tyl8DT0Gx0
RT @moritakamura: CiNii 論文 -  経験サンプリング法を用いたうつ病研究の展望 : その利点に着目して https://t.co/aenE8ZMEwG #CiNii この論文を読んで私の研究でも経験サンプリング法について導入してみたいと思いました。
RT @igshrmshk: あと、これには書評が幾つかある。web上で読めるものとしては以下が有益。歴史学サイドからの、賛否のバランスのとれた書評。 https://t.co/1nzbANXWxy あと大賀哲さんの書評はぜひ読んでみたいんだけど、web上では手に入らない。…
@7shi ですよね! DKP代数、なんかパラ統計 https://t.co/9pMYsgKNnG に似ている気がします。 https://t.co/tE2dgRHExK によると、パラ統計とも関係するようでした。
RT @s_kajita: HJB方程式からリッカチ方程式を導出する話は以下に書きました。 梶田「DRC決勝戦における歩行安定化制御」 2018 年 36 巻 2 号 p. 140-143 https://t.co/QWgfIgzvXI
RT @subarusatosi: (Duffin‐Kemmer‐Petiau代数とリー代数) Ephraim Fischbach, The Lie algebra s o (N) and the Duffin‐Kemmer‐Petiau ring https://t.co/3…
RT @subarusatosi: (Duffin‐Kemmer‐Petiau代数とリー代数) Ephraim Fischbach, The Lie algebra s o (N) and the Duffin‐Kemmer‐Petiau ring https://t.co/3…
RT @subarusatosi: (Duffin‐Kemmer‐Petiau代数とリー代数) Ephraim Fischbach, The Lie algebra s o (N) and the Duffin‐Kemmer‐Petiau ring https://t.co/3…
(Duffin‐Kemmer‐Petiau代数とリー代数) Ephraim Fischbach, The Lie algebra s o (N) and the Duffin‐Kemmer‐Petiau ring… https://t.co/GpVNXxLwGT
翻訳 トリリング・ライオネル「T.S.エリオットの政治観」 https://t.co/4cJBOVRV1j
RT @bungakuron: デリダの「文学化」とかいうけどホント?というのを論文引用数から検討。フーコー、ドゥルーズとも比較してる。こういうのもっと読みたい/佐々木 基裕「アメリカにおける「フレンチ・セオリー」受容の知識社会学的検討」 https://t.co/FmaQtC…
RT @frank_heaven: これは読みたい人多いんじゃないかな?野村駿,2018,「バンドマンのフリーター選択・維持プロセスにおける積極性と合理性:若者文化の内部構造に着目して」『東海社会学会年報』10: pp.122-132.  https://t.co/2UslBy…
RT @bungakuron: デリダの「文学化」とかいうけどホント?というのを論文引用数から検討。フーコー、ドゥルーズとも比較してる。こういうのもっと読みたい/佐々木 基裕「アメリカにおける「フレンチ・セオリー」受容の知識社会学的検討」 https://t.co/FmaQtC…
RT @bungakuron: デリダの「文学化」とかいうけどホント?というのを論文引用数から検討。フーコー、ドゥルーズとも比較してる。こういうのもっと読みたい/佐々木 基裕「アメリカにおける「フレンチ・セオリー」受容の知識社会学的検討」 https://t.co/FmaQtC…
あと、これには書評が幾つかある。web上で読めるものとしては以下が有益。歴史学サイドからの、賛否のバランスのとれた書評。 https://t.co/1nzbANXWxy あと大賀哲さんの書評はぜひ読んでみたいんだけど、web上で… https://t.co/99Gh62XNsm
RT @miakiza20100906: https://t.co/DB0U1TBwWa ↑ 菊池誠 大阪大学教授のこれも嘘。累積 100 mSv 未満ですら癌リスクが有意になっている論文は既に多数ある。だから菊池 氏のこれは、もう「嘘」と断定してもいい。 日本語の解説(…
https://t.co/DB0U1TBwWa ↑ 菊池誠 大阪大学教授のこれも嘘。累積 100 mSv 未満ですら癌リスクが有意になっている論文は既に多数ある。だから菊池 氏のこれは、もう「嘘」と断定してもいい。 日本語の… https://t.co/AEiPhmiAxO
@YuriHiranuma NCRP の最新レポート(2018年)でも LNT はかなり強く支持されているので、大丈夫じゃないかなあ……: ・Commentary No. 27 https://t.co/dSUqgiwVj3… https://t.co/VkuHSKzq0S
RT @subarusatosi: On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ https://t.co/goysWuqD…
RT @subarusatosi: On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ https://t.co/goysWuqD…
RT @subarusatosi: On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ https://t.co/goysWuqD…
RT @subarusatosi: On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ https://t.co/goysWuqD…
RT @whisponchan: 情報幾何は直接役に立つということはないと思いますが、データの幾何学構造を考えるときに例えば特異点などが存在する特異モデルの場合などはデータ空間が歪んでる(リーマン空間になってる)場合、こっちの勾配方法のほうが適しているとかを調べるツールだと思っ…
On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ… https://t.co/U865rsXTEu
On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ… https://t.co/U865rsXTEu
On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ… https://t.co/U865rsXTEu
On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ… https://t.co/U865rsXTEu

10 10 10 0 OA 無銭修学

RT @NIJL_collectors: ここのところ、TLでたまにみかける「おでん屋」も出て来る https://t.co/2DHofUEjc4 おでん屋の商う具材は 蒲鉾、芋、ハンペン、焼豆腐、ガンモドキ、竹輪、スジ https://t.co/mzvz3JIdhF

2242 2242 2007 64 OA 動物の行動と匂いの世界

RT @makimuuuuuu: 猫に触ったあと、猫が毛づくろいするの見ると、自分が汚いもの扱いされてるみたいで悲しくて、「なぜ人間に触られた猫は毛づくろいするのか」っていう動物行動学の論文探してたらすごいやつ見つけたから見て あれは人間の匂いをなめて味わうため説https:/…
RT @yachu93: 「生活保護受給者における精神病床入院の都道府県差」に関する研究が掲載されました。46000名を分析した結果,入院件数の都道府県差は7倍であり,関連要因として精神病床数や保護率が,他の要因(精神疾患患者数や介護施設数等)があるとわかりました。ご周知下さい…
@ML_deep リンクを見ると統計や情報量を幾何学の観点から眺めると面白いね。と言う事以外は読み取れませんでした。ちなみに私は数学全然駄目だ勢ですが。正直見た感じ、あまり応用に役立ちそうな印象は感じませんでした。… https://t.co/w6ETx9ruZh
RT @whisponchan: 情報幾何は直接役に立つということはないと思いますが、データの幾何学構造を考えるときに例えば特異点などが存在する特異モデルの場合などはデータ空間が歪んでる(リーマン空間になってる)場合、こっちの勾配方法のほうが適しているとかを調べるツールだと思っ…
RT @whisponchan: 情報幾何は直接役に立つということはないと思いますが、データの幾何学構造を考えるときに例えば特異点などが存在する特異モデルの場合などはデータ空間が歪んでる(リーマン空間になってる)場合、こっちの勾配方法のほうが適しているとかを調べるツールだと思っ…
RT @soichiro_sumida: 2年前に『季刊経済理論』に掲載された論文がWEB公開されました。 『資本論』第3部草稿における「歴史的考察」の再検討:新旧「移行論争」を題材にして https://t.co/MRK6fveGAd
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…

フォロワー(1481ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @conisshow: 戦後の占領期には、子どもの取引(人身売買)を「問題」ととらえる認識が必ずしも共有されていた訳ではなかった https://t.co/CFuekp5XXL GHQは問題と考えていても、日本人は問題とは考えていなかった。 児童福祉法(1947年~…
RT @conisshow: 戦後の占領期には、子どもの取引(人身売買)を「問題」ととらえる認識が必ずしも共有されていた訳ではなかった https://t.co/CFuekp5XXL GHQは問題と考えていても、日本人は問題とは考えていなかった。 児童福祉法(1947年~…
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
@marxindo https://t.co/dgv6b9CsC4 https://t.co/rR8sWtHebQ https://t.co/PudvZPh5bl 精神障碍者とか言語障碍者とか、探せばいろいろとですが。
@marxindo https://t.co/dgv6b9CsC4 https://t.co/rR8sWtHebQ https://t.co/PudvZPh5bl 精神障碍者とか言語障碍者とか、探せばいろいろとですが。
@marxindo https://t.co/dgv6b9CsC4 https://t.co/rR8sWtHebQ https://t.co/PudvZPh5bl 精神障碍者とか言語障碍者とか、探せばいろいろとですが。
RT @ringoame8200: 来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
RT @conisshow: 戦後の占領期には、子どもの取引(人身売買)を「問題」ととらえる認識が必ずしも共有されていた訳ではなかった https://t.co/CFuekp5XXL GHQは問題と考えていても、日本人は問題とは考えていなかった。 児童福祉法(1947年~…
ファイトプラズマ: 植物の形を変える怠け者細菌 https://t.co/lLhLKH8jWk
グローバルアイ〔第41 回〕「短い勤務時間で優れた研究成果を数多く出すには」 https://t.co/OMi1jj0KHx
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…
日本スポーツ産業学会で発表された菅文彦先生たちの「チーム・アイデンティフィケーションと地域愛着の因果関係に関する考察」。芸術祭など、地域と関係する他の事業についても、同じように検証することができそうだし、足りない部分を考えるきっか… https://t.co/YonH3nmqv9

2 2 2 0 OA 3つの法則

https://t.co/U2BUvamQKN 「三つの法則」 今の大学に移動して、二年目に大学の物理教育誌に寄稿した文章です。かなり、辛辣な内容ですが今読んでも違和感はないです。人ってそんなに進歩しないんですね。
RT @subarusatosi: 翌年、1942年の 宮島 龍興「擬スカラー中間子についての注意」 https://t.co/tUeT17CHG2 では、1種類の中間子を仮定するなら、擬スカラー場が最も都合が良いと書いてる。
RT @keitanakajiman: 早稲田大学スポーツ科学研究科のメンバーが発表した論文。「チームの事が好きになったら地元の事も好きになるのは本当か?」をテーマにFC今治を対象に長年研究。 結果は"YES"。 学術的に非常に貴重な立証です。様々なアンケート実施にはこうい…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 124 共 A20701 古代ギリシャにおける葬送競技 (agon epitaphios) の質的変化(真田 久),2002 https://t.co/TOf6KZaxZR

1486 567 315 1 OA 大正震災志

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、関東大震災時の新聞記事を出して「朝鮮人暴動の証拠!」なんて得意顔するのやめて! それ、1926年発行の公式記録『大正震災志』(p270-)でとっくに否定されてるデマ記事よ! https://t.co/nPtcj7teuN h…
RT @yearman: GPAと入試方式についてひとまず公にされているものから1つ。大学名を公表してないけど,推して知るべしですね https://t.co/Me2WyNufYn
RT @RyoseiWakabaya1: ダシ好きな私にはたまらない論文 →「ダシ(出汁)がヒトの自律神経活動および精神疲労に及ぼす影響」https://t.co/tyl8DT0Gx0
RT @s_kajita: HJB方程式からリッカチ方程式を導出する話は以下に書きました。 梶田「DRC決勝戦における歩行安定化制御」 2018 年 36 巻 2 号 p. 140-143 https://t.co/QWgfIgzvXI
RT @subarusatosi: (Duffin‐Kemmer‐Petiau代数とリー代数) Ephraim Fischbach, The Lie algebra s o (N) and the Duffin‐Kemmer‐Petiau ring https://t.co/3…
RT @subarusatosi: (Duffin‐Kemmer‐Petiau代数とリー代数) Ephraim Fischbach, The Lie algebra s o (N) and the Duffin‐Kemmer‐Petiau ring https://t.co/3…
RT @subarusatosi: (Duffin‐Kemmer‐Petiau代数とリー代数) Ephraim Fischbach, The Lie algebra s o (N) and the Duffin‐Kemmer‐Petiau ring https://t.co/3…
Perfumeやミクへの言及も。後で読む。:CiNii 論文 -  カワイイ概念と「不気味の谷」現象について https://t.co/Y54snBv838 #CiNii
RT @subarusatosi: On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ https://t.co/goysWuqD…
RT @subarusatosi: On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ https://t.co/goysWuqD…
RT @subarusatosi: On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ https://t.co/goysWuqD…
RT @subarusatosi: On the Interaction of Elementary Particles. I https://t.co/UehlxZj1fm II https://t.co/LpEA4Tz94o Ⅲ https://t.co/goysWuqD…
RT @whisponchan: 情報幾何は直接役に立つということはないと思いますが、データの幾何学構造を考えるときに例えば特異点などが存在する特異モデルの場合などはデータ空間が歪んでる(リーマン空間になってる)場合、こっちの勾配方法のほうが適しているとかを調べるツールだと思っ…
RT @narumita: 先天梅毒とか先天性風疹症候群とか、母子保健分野で看護職が活躍できる(しなくてはいけない)課題がいろいろあります。 https://t.co/ce2cvUpaje

2242 2242 2007 64 OA 動物の行動と匂いの世界

RT @makimuuuuuu: 猫に触ったあと、猫が毛づくろいするの見ると、自分が汚いもの扱いされてるみたいで悲しくて、「なぜ人間に触られた猫は毛づくろいするのか」っていう動物行動学の論文探してたらすごいやつ見つけたから見て あれは人間の匂いをなめて味わうため説https:/…
RT @yachu93: 「生活保護受給者における精神病床入院の都道府県差」に関する研究が掲載されました。46000名を分析した結果,入院件数の都道府県差は7倍であり,関連要因として精神病床数や保護率が,他の要因(精神疾患患者数や介護施設数等)があるとわかりました。ご周知下さい…
RT @whisponchan: 情報幾何は直接役に立つということはないと思いますが、データの幾何学構造を考えるときに例えば特異点などが存在する特異モデルの場合などはデータ空間が歪んでる(リーマン空間になってる)場合、こっちの勾配方法のほうが適しているとかを調べるツールだと思っ…
千田氏の師匠の上野千鶴子はこういう書評も書く人です (というか、僕が読むところの上野千鶴子はこういう人) https://t.co/W4ZXLZvezW