著者
大隅 尚広 金山 範明 杉浦 義典 大平 英樹
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.117-120, 2007 (Released:2007-10-30)
参考文献数
16
被引用文献数
22 18

The purpose of the present study was to investigate reliability and validity of Japanese version of the Primary and Secondary Psychopathy Scales. First, similar to the original scales, exploratory factor analysis of the data from a sample of 475 revealed two factors for the scale items. In addition, a sample of 77 provided good indication of internal consistency as well as test-retest temporal stability. Correlations with BIS/BAS scales and PANAS also gave support for the scales' validity. These and other results suggested that, with some reservations, the Japanese version had usefulness of the original scales to measure psychopathic tendencies.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

J-STAGE Articles - 日本語版一次性・二次性サイコパシー尺度の信頼性と妥当性の検討 https://t.co/KCusWpBklj というわけでこちらで測定していただいて…………
@yamashimomemumi サイコパスな山本さんへのおすすめシリーズめちゃ面白いんで今後も期待してます。ちなみに心理学的には色々なサイコパスの測定法があります。例えば↓ https://t.co/unuopNjkoT p.118の表にあるような特徴が自分に多く当てはまるという人はサイコパスレベル高いかもです。セルフチェックにどうぞ。

収集済み URL リスト