著者
山崎 晃男
出版者
日本基礎心理学会
雑誌
基礎心理学研究 (ISSN:02877651)
巻号頁・発行日
vol.35, no.1, pp.25-28, 2016-09-30 (Released:2016-10-25)
参考文献数
11

Music often moves us and provides great pleasure. The origins of this ability of music remain a mystery. Recently, an increasing number of studies have proposed evolutionary theories of human musicality, although several researchers deny the adaptive value of music. In this paper, the origins of the pleasure that music provides were discussed in terms of human evolution and cultural adaptation. A possibility in which both evolutionary and cultural adaptation resulted in the pleasure of music was shown. Next, the relationship between music and visual stimuli was focused on. Owing to the development of music devices and the Internet, music is heard increasingly with visual stimuli, like background music in everyday life, films, drama, dance, computer games, music videos, etc. Based on the author's findings on the cross-modal effects between music and visual stimuli, the pleasure of listening to music with visual stimuli was discussed. It was emphasized that the meaning of music is strengthened, changed, and multi-layered by visual stimuli when it is enjoyed with the visual stimuli.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 4 favorites)

音楽の起源をヒトが生きる上でのツールとして唱えている人が多いみたいだけれど、一方で「音楽」が気持ち良いのと、小川や葉擦れの「音」を心地よいと感じるのはどっちが先だったんだろう? そしてなぜそれを心地良いと感じるんだろう? https://t.co/XFkTaEy89M
"現在我々が聴いている音楽の多様性を考えた場合,音楽の進化起源説と文化 起源説の両方が正しく,音楽の快楽の強さと多様性をともにもたらしているという可能性も十分にあるように思われる。" 音楽を享受する快楽,視覚と共受する喜び 山崎晃男 大阪樟蔭女子大学 https://t.co/ZwwuDAGSSx https://t.co/pAgb5NIVfa
__φ( ╹ω╹ ) 。oO(Pinker(1997)によれば、音楽とは、少なくとも6つの精神機能を刺激するように作られている ・言語 ・聴覚の情景分析 ・情動のコール ・生息地選択 ・運動制御 ・その他 https://t.co/ZwwuDAGSSx
ピンカーの「音楽は聴覚のチーズケーキ(エロい写真)」でググったら出てきた。クロスモダリティにも触れられていて面白かった。 音楽を享受する快楽,視覚と共受する喜び 山崎晃男 大阪樟蔭女子大学 https://t.co/ZwwuDAGSSx

収集済み URL リスト