著者
市川 有二郎 中田 利明 井上 智博 行方 真優 本田 恵理 石井 栄勇 飯村 晃 藤村 葉子 内藤 季和 田中 勉 高橋 良彦
出版者
公益社団法人 日本アイソトープ協会
雑誌
RADIOISOTOPES (ISSN:00338303)
巻号頁・発行日
vol.65, no.5, pp.221-235, 2016 (Released:2016-05-13)

手賀沼を流末とする柏市内の調整池の水中ならびに底泥中における放射性セシウムの分布状況と環境動態を検証した。福島第一原子力発電所事故から約4年が経過した時期の底泥から10 kBq/kg以上の放射性セシウムが検出され,調整池は下流域に対する放射性セシウムの供給源の1つであることが裏付けられた。台風などの豪雨時において,水中放射性セシウムの懸濁態の存在割合が平水時と比較して上昇することから,豪雨は放射性セシウムの下流域への流出に関与していることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (25 users, 25 posts, 23 favorites)

千葉県柏市内の調整池における水・底泥中放射性セシウムの分布状況と環境動態 https://t.co/0XQq58LwgR

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes/65/5/65_650502/_article/-char/ja/ (24)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes/65/5/65_650502/_pdf (1)