著者
若有 治美 才藤 栄一 保坂 隆 神内 拡行 田中 博 寺川 ゆかり
出版者
日本理学療法士学会
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
vol.16, no.2, pp.91-94, 1989-03-10 (Released:2018-10-25)

心因性歩行障害の一症例を通して,心因性運動障害に対するリハビリテーションアプローチと理学療法士の役割,その訓練法について検討した。心因性運動障害の患者は,種々の心理的問題を有す為,治療場面において問題患者として位置付けられることが多い。そこで我々は,精神科医のコンサルテーションに基づいた,リハビリチーム全体の治療方針の統一により,問題の理解を試みた。症例の示す様々な「背理現象」に対しては,バイオフィードバック療法・行動療法的アプローチ等を用いた。又,家庭復帰に際しては二次的疾病利得を考慮し,現実検討を進め,患者は生活の自立に至った。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

心因性歩行障害の治療過程--理学療法士との連携を通して https://t.co/Hk1LNeJB6w 心因性運動障害患者への理学療法の経験―歩行障害の一症例を通して― https://t.co/1u0nbhWr7f 心因性歩行障… https://t.co/dA3SHUP2OI

収集済み URL リスト