著者
田中 智哉 三木 貴弘 樋口 大輔
出版者
日本理学療法士学会
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
pp.11792, (Released:2020-09-17)
参考文献数
52

【目的】近年,筋骨格系疼痛のマネジメントにおいて,心理社会的要因に対する痛みの神経生理学的教育(以下,PNE)の有効性が示されている。今回,両側膝タナ障害と診断された対象者に対して,PNE を中心とした介入を行い,良好な経過が得られたため報告する。【方法】対象者は誘因なく両膝痛が出現した,ランニングを趣味とする20 代男性であった。生物心理社会モデルに沿った評価を行い,痛みの破局的思考,運動恐怖,身体知覚異常,疼痛に対する誤った信念の影響が示されたため,標準的理学療法に加えてPNE を行った。【結果】痛みの破局的思考,運動恐怖,身体知覚異常は軽減し,誤った信念は修正された。両膝痛は改善し,ランニングは満足いくまで実施可能となった。【結論】標準的理学療法に加えてPNE を行うことは,両側膝タナ障害と診断された膝痛に対して有効である可能性が示された。また,それらは身体知覚異常に対しても有効な可能性がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 11 posts, 92 favorites)

理学療法士として一つの目標が達成できました。PNEの症例報告が理学療法学 (日本理学療法士協会オフィシャル雑誌) で公開となりました。 内容に関しては、様々な意見があるとは思います。よかったらご覧ください。 https://t.co/qq6RQQVfED
理学療法学に論文が早期公開されています。生物心理社会モデルに基づいて疼痛教育を行い奏功した症例です。 次の症例報告は筆頭で国際論文に挑戦中。症例報告好き。 https://t.co/FtWpUPEaJe https://t.co/qbQ9DiwAWe

収集済み URL リスト