著者
関 勝男
出版者
The Society of Physical Therapy Science
雑誌
理学療法のための運動生理 (ISSN:09127100)
巻号頁・発行日
vol.9, no.4, pp.215-221, 1994 (Released:2007-03-29)
参考文献数
15
被引用文献数
1

幼児の運動発達は「生涯にわたり, 継続的に変化するあらゆる過程である」ことを強く認識したい。その発達過程には,個人差があり, 個人の遺伝的な素因に大きく左右されながらも,生活環境を含む「成熟と学習」の相互交渉によるところは大きく重要な要素であった。特に, 脳性麻痺児に対する適切な知覚・運動機能の刺激は、正しい運動の発達を促進する原動力となっている事実を知り,その一つひとつを継続的に慎重に確認していかねばならない。歪んだ形の運動発達を極力避け,残存能力を最大限に活用し,生活空間を拡大することにより, 自ら選ぶ自立生活を確立する力となり, さらに社会性を培う基盤となることを理解したい。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[1994年][関 勝男][理学療法のための運動]

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

関 勝男 (1994) 幼児の運動発達について 理学療法のための運動生理 9巻 4号 p.215-221 https://t.co/Il2x73Qri2

収集済み URL リスト