著者
田中 則章
出版者
安全工学会
雑誌
安全工学 (ISSN:05704480)
巻号頁・発行日
vol.47, no.1, pp.39-44, 2008-02-15 (Released:2016-10-31)
参考文献数
12

可燃性粉じんの危険性,粉じん爆発の概要,爆発特性,影響因子,複合混合物,粉じん爆発の評価方法,安全対策の考え方について述べる.また,堆積粉じんの発火の特徴,発火・燃焼特性,粉じん火災の安全対策についても言及する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

https://t.co/cjeMrTQCCk
PVC パウダーと木粉の SIT 試験結果を示す .PVCは 160 ℃ で 2 500 分後に発熱し発火に至る.木粉はPVC よりも自然発火を起こしにくいが180 ℃ で 450分後に発熱し発火に至る https://t.co/MmWDIId88p PVC の発火温度は約 530 ℃,木粉は約 500 ℃ であるから,PVC,木粉ともに発火温度よりはるかに低

収集済み URL リスト