著者
興梠 匠 石川 将人 杉江 俊治
出版者
一般社団法人 システム制御情報学会
雑誌
システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集 第50回システム制御情報学会研究発表講演会
巻号頁・発行日
pp.232, 2006 (Released:2006-12-01)

本研究では歩行ロボットの新形態として,三足歩行ロボットとその歩行制御の一方法を提案する.そもそも奇数脚歩行は従来よりほとんど研究されてこなかったが,三足歩行においては二足歩行の機動性・軽量性と四足歩行の安定性を兼備できることが期待される.本研究では120度回転対称かつ少数のアクチュエータを有する軽量な三足機構を提案し,歩行制御問題を歩様設計と各脚制御の二段階に分離することによってアプローチする.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

1 1 https://t.co/k7BxOQ98i1
1 1 https://t.co/FvvvMF4Hr0
@yuunagi_show 交換部品が無いけど動かしたい、という前提でしょうか?制御可能な車輪が付く位なら、新型の脚も付きそうなので、杖の方が現実味があるかも?杖の場合は三足歩行になりますが、ソフトが対応できれば何とかなりそうですね https://t.co/VxZCGzi6ab

収集済み URL リスト