著者
金 池潤 金 栽滸 永島 佑樹 加藤 孝明
出版者
東京大学生産技術研究所
雑誌
生産研究 (ISSN:0037105X)
巻号頁・発行日
vol.70, no.4, pp.251-256, 2018-07-01 (Released:2018-08-01)
参考文献数
15

2017 年11 月15 日発生した浦項地震(M5.4)は,韓国内で初めて地震避難所を運営した地震である.本研究では,韓国の防災対策の今後の方向性を示すために,浦項地震での避難所運営の実態に重点を置いて調査を実施した.調査の結果,避難所として教会などの民間施設に最大約40% の避難者を受容しており,建築士会等の民間市民団体が緊急安全点検を実施し,企業からの物資支援が行われるなど,浦項地震では官民協力による対応が多く見られた.2016 年の慶州地震と比較して政府の災害対応は改善されたが,地震避難所運営マニュアルが存在しない点などの課題も抱えている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 10 posts, 7 favorites)

@xxcd456 @furyokyoshix @M16A_hayabusa https://t.co/t6sFo6M3E3
@xxcd456 @furyokyoshix @M16A_hayabusa 典拠は出せないわけねwww なんで日本は世界基準に近づける努力をしないんだろうねwww災害大国ではない韓国は問題を抱えながらも人権を守ろうと頑張ってるねぇ… https://t.co/omZIJSbEJP
@xxcd456 @furyokyoshix @M16A_hayabusa そんな典拠のわからない写真だけ出されてもwww https://t.co/t6sFo6M3E3
ついでに浦項地震における避難所の運営実態調査という興味深いレポートも出てきたから読んで https://t.co/tbDRPTT8LV

収集済み URL リスト