著者
椿 宜高
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
日本生態学会誌 (ISSN:00215007)
巻号頁・発行日
vol.57, no.3, pp.356-360, 2007-11-30 (Released:2016-09-16)
参考文献数
11

生態学と生理学の乖離は、それぞれの問題設定の違いから生じたのだとする見方もあるが、生態学と生理学の両方の手法を使って同じ問題にアプローチすることで、新しい展開が生まれる局面は多いと思われる。昆虫の生理学と生態学の境界に生じる課題には、栄養生理、呼吸(エネルギー収支)、水収支、体温調節、免疫、感覚など様々なものがあるが、ここではおもに体温調節についての話題を提供する。また、個体レベルの生理学とフィールド生態学の境界領域の開拓には、古いテーマに新しい手法を導入することが良策であることを述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 9 favorites)

虫が熱中症にこの夏の酷暑によりなるかどうかはまだわかんないんだけど、体温に寄ったスペックが変わるという論文を見つけてテンション上がってる。とんぼの体型の違い(オニヤンマの腹の長さの理由)がわかる。https://t.co/iZYA6jdZNK
そしてこれが面白い。 生態学の視点から昆虫の生理を考える https://t.co/oVKxwqLNp2 >生態学と生理学の乖離は、それぞれの問題設定の違いから生じたのだとする見方もあるが、生態学と生理学の両方の手法を使って同… https://t.co/iFqx3DKR36
生態学の視点から昆虫の生理を考える https://t.co/swdVewOyn0 トンボの体温調節法における体サイズ依存性 https://t.co/RUlBpMyQ5h

収集済み URL リスト