著者
高橋 邦彦 星野 庸二 徳丸 雅一
出版者
Japanese Society for Food Hygiene and Safety
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.33, no.6, pp.619-622_1, 1992-12-05 (Released:2009-12-11)
参考文献数
5

オレンジを摂取した乳児の顔や首筋が赤くなったという消費者からの苦情があり, 検査したところ苦情品から約0.5%のエタノールが検出された. そこで, 果実中のエタノール含有量の実態調査を行った. 11種の果実の117検体のエタノール含有量を調査したところ, 9種97検体から検出された. 検出量はオレンジを除き, 他の果実はほとんど0.15%以下であった. オレンジは27検体調査したが, 最小0.01%, 最大0.71%, 平均で0.13%であり, なかには高い濃度 (0.21, 0.31, 0.71%) が検出されたものがあった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 9 favorites)

みかんのアルコール度数0.07% かんきつ類は保存状況や期間によってアルコールできやすいみたい。 https://t.co/O6fI3KSl3Q https://t.co/JTlhshS2Vu
@hatoincident 0.05%って普通のジュースより低くないですか? https://t.co/9ImqmKRr7E https://t.co/DRBqG3gCGB

収集済み URL リスト