著者
大野 芳裕
出版者
日本口腔・咽頭科学会
雑誌
口腔・咽頭科 (ISSN:09175105)
巻号頁・発行日
vol.32, no.1, pp.33-39, 2019 (Released:2020-03-31)
参考文献数
9
被引用文献数
4

慢性上咽頭炎症例73例に対して,生理食塩水による鼻うがいを併用し,1%塩化亜鉛を上咽頭粘膜に塗布する上咽頭擦過療法(EAT)を施行した.治療前後に自覚症状のアンケート調査を行い,電子内視鏡の上咽頭所見を比較して治療効果を検討した.主訴の改善率は79.5%,局所所見の改善率は87.7%であった.アンケート用紙に記載のある,頭痛・後鼻漏・咽喉頭違和感・咽頭痛・肩こり・耳鳴・耳閉感・めまい・咳のうち,耳鳴以外のスコアは有意差をもって改善した.内視鏡による局所所見の改善度と主訴スコアの改善の程度との関連において有意な相関が認められた.慢性上咽頭炎に対してはEATを含む局所療法が有用であることが示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 8 posts, 4 favorites)

そして、2019年に大野先生から、内視鏡所見の発赤と腫脹をもとにした炎症の評価が報告されています。 https://t.co/3OPkGXalNm
コロナ後遺症とは関係なく、上咽頭炎患者に鼻うがい+EAT(Bスポット)をやった研究です。 日本語なので、読みやすいと思います。 https://t.co/nOx05OHJRu
嘘ですBスポット療法用です ※生々しい写真があるので閲覧注意。 https://t.co/XN8qsOY5qP

収集済み URL リスト