著者
三部 幸治
出版者
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
雑誌
Synthesiology (ISSN:18826229)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.93-102, 2013 (Released:2013-09-04)
参考文献数
14

1970年代に本格化した業務用ビデオゲームは、さまざまな画像表示手法が投入され独自の進化をしてきた。「TTLロジック」による手法に始まり、「ビットマップ表示方式」によるスペースインベーダーの大ヒットを経て、業務用ゲーム独自の「スプライト表示技術」は市場を広げ、DSP等の高速演算機能を組み込んだ「リアルタイムポリゴン表示」等、他産業より数年早く新技術を投入活用してきた。そして、これら業務用ゲームの技術は、家庭用ゲーム、携帯電話コンテンツ、通信カラオケ等多くの産業に繋がっている。この論文では、これら業務用ビデオゲームの中心となる画像表示手法の進化とその背景を述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

メモ: 業務用ビデオゲーム表示技術の変遷(三部幸治氏) https://t.co/xNNiv8h5xb
業務用ビデオゲーム表示技術の変遷 - テレビ受像機への描画からリアルタイムグラッフィクスへ - https://t.co/CbeoJ409q4

収集済み URL リスト