著者
坂本 文徳 大貫 敏彦 香西 直文 五十嵐 翔祐 山崎 信哉 吉田 善行 田中 俊一
出版者
Atomic Energy Society of Japan
雑誌
日本原子力学会和文論文誌 (ISSN:13472879)
巻号頁・発行日
pp.1111290030, (Released:2011-11-30)
参考文献数
12
被引用文献数
4 7

The environmental behavior of radioactive Cs in the fallout from the accident of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant has been studied by measuring its spatial distribution on/in trees, plants, and surface soil beneath the plants using autoradiography analysis. The results of autoradiography analysis showed that radioactive Cs was distributed on the branches and leaves of trees that were present during the accident and that only a small fraction of radioactive Cs was transported to new branches and leaves grown after the accident. Radioactive Cs was present on the grass and rice stubble on the soils, but not in the soils beneath the grass and rice stubble, indicating that the radioactive Cs was deposited on the grass and the rice plant. In addition, the ratio of the radioactive Cs that penetrated into the soil layer by weathering was very small two months after the accident. These results indicate that trees and other plants are the reservoir of the fallout Cs and function to retard the fallout Cs migration with rain water.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (35 users, 42 posts, 25 favorites)

@kiyosiro RT@st7q:⑨郷地論文:日本原子力研究…調査。飯舘村で5/14に採取した樹木、地表植物、土壌を対象としオートラジオグラフィーで放射性降下物を測定。原発近隣地では揮発性放射性物質より、粒子状放射性物質による汚染が主。 http://t.co/MbCXOYm7
⑨郷地論文:日本原子力研究開発機構の坂本ら。飯舘村で5/14に採取した樹木、地表植物、土壌を対象として、オートらジオグラフィーにより、放射性降下物を測定した。原発近隣地域では揮発性放射性物質より、粒子状放射性物質による汚染が主。 http://t.co/vNLzhUJf
(先ほどの論文について補足:除染についての考察)樹木は伐採が有効。幹表面を削り取れば建材として利用可能。降下による汚染は上方部分が多いので樹木上部の部分的伐採でも有効か。高線量の枝葉部を早急に伐採。牧草は早期回収が有効。http://t.co/pVRIV9Ex
(終)降下した放射性 Cs の植物への偏在的な濃集は,降雪および降雨後の凍結が原因の 1 つと考えられる。したがって,地表植物および樹木は降下した放射性 Csの蓄積媒体となり,さらに土壌中への移行阻止に大きく寄与 http://t.co/aloiAtrM
(続き)林の中のシダ:ほとんどなし。上部の樹木に濃集し,下草であるシダには降下しなかった。 http://t.co/pVRIV9Ex
(続き)周囲に樹木のないふき:茎、葉に一様に分布。根にはない。地表面部分により高い →根からの吸収/集積あるいは土壌粒子に付着した放射性物質の二次的な飛散による濃集の結果  http://t.co/pVRIV9Ex
(続き)牧草,稲の切株に降下した放射性 Cs は牧草および稲の切株にほとんどの部分が濃集し,土壌への移行は検出限界以下 http://t.co/pVRIV9Ex
↓この論文、ざっと目を通した。放射性物質が植物にどのように蓄積してるか。調査対象:飯館村で 5 月14日に採取した樹木(杉、かや、梅),地表植物(牧草、稲、ふき、シダ)および土壌。(注意)他の地域について適用可否は不明。 (続) http://t.co/pVRIV9Ex
論文(無料): 坂本他,オートラジオグラフィーを用いた福島第一原発起源の放射性降下物の局所的な分布解析 http://t.co/aeKlIbYV タイトルが悪くて分かり難いけど、植物中の放射性Cs分布をARで可視化するというお話。植物のどの部位に貯まりやすいかが良く分かります。

収集済み URL リスト