著者
佐藤 慎吾
出版者
The Tohoku Geographical Association
雑誌
季刊地理学 (ISSN:09167889)
巻号頁・発行日
vol.60, no.1, pp.23-39, 2008-03-28 (Released:2010-06-22)
参考文献数
38

本研究は, 衆議院富山県第三区を対象に, 当該議員の集票組織の分析から, 後援会の空間組織の地域的差異を導出し, その上で後援会の空間組織とその編成要因について検討した。A議員の集票組織には, 職域別の政治団体が20, 地場企業やその関連組織の自民党職域支部が7, A議員が私的に組織した後援会が44存在した。このうち, 政治団体役員の居住地と自民党職域支部の所在地, および後援会の設置地域は高岡市に偏在していた。また, A議員の事務所と秘書も同様に高岡市に設置されていた。とくに, 後援会は高岡市内に26あり, 小学校区を単位として編成され, 支持者への日常世話活動が強化されていた。この背景には, 高岡市が富山三区内最大の票田地域であるにもかかわらず, 都市的地域特有の流動層と同じ党派のライバル議員によって, A議員の相対得票率が比較的低い値で推移してきたことがある。一方, 高岡市外の18の後援会は市町村を単位に配置されていた。これは, 市町村が住民意識に強い影響を及ぼしているだけでなく, 有力な集票組織である農協の管轄地域や系列県議の選挙区地域, さらには公共事業の執行地域とその見返りとしての票の集計地域である点とも深く関係していた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 19 favorites)

https://t.co/eDMXVqqOPK 綿貫民輔さんの集票構造の分析 https://t.co/5atNkvBN2B
J-STAGE Articles - 後援会の空間組織と選挙戦略 https://t.co/q1l0DWUWUN おお、こんな論文があったのか。
「後援会の空間組織と選挙戦略 衆議院富山県第三区を事例として」 富山三区の某衆議院議員(元職)の後援会についての論文、面白いです。 https://t.co/lXCMj1ztbT https://t.co/G7HeD74aCH
@asahi_shimofusa 富山三区、綿貫先生の後援会組織について研究した論文です。 https://t.co/lXCMj1ztbT

収集済み URL リスト