著者
松岡 猛
出版者
公益財団法人 日本学術協力財団
雑誌
学術の動向 (ISSN:13423363)
巻号頁・発行日
vol.14, no.9, pp.9_40-9_48, 2009-09-01 (Released:2011-01-31)
参考文献数
8
被引用文献数
1

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 4 favorites)

責任や刑事罰は時として真実を隠し真の対策が取られない原因となる。福知山事故の時の松岡猛先生の「事故調査のありかた」を是非読んで欲しい。 ※重要な部分は画像で抜粋。 https://t.co/jtqQgiZY1w https://t.co/JOexzKEnYy
事故調査のあり方 https://t.co/J2U74waAXr

収集済み URL リスト