著者
山本 郁男
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.106, no.7, pp.537-561, 1986-07-25 (Released:2011-01-31)
参考文献数
117
被引用文献数
6 7

The review on our recent works mainly consists of four parts in relation to biochemical pharmacology and toxicology, and metabolism of marihuana constituents, tetrahydrocannabinol as follows; 1) metabolic activation, 2) interactions with other central acting drugs, 3) development of tolerance and cross-tolerance, 4) other biological effects.Especially, the role of the active metabolites of tetrahydrocannabinol in the marihuana intoxication has been discussed in detail.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 9 favorites)

ググってたら出てきた1986年の日本の大麻論文。この時点で10年研究の末らしく、2012年の著書「大麻―光と闇」つまり36年を経た段階でも大麻に批判的との話。「大麻は悪」というバイアスがなければどのような研究になったのだろうか。 https://t.co/MY61ImSVcX
大麻主 成分の代謝 と薬理-毒 性ーPDF https://t.co/dYBzvdedhl 大麻成分の代謝と薬理作用ーPDF https://t.co/EKYwqKBHr9 大麻による薬物依存と異常行動ーPDF https://t.co/fPTjgstypp
みてるなう 大麻主成分の代謝と薬理-毒性 https://t.co/UgSqi8RBxe

収集済み URL リスト