SVD(提督兼博士) (@SVD_303cycle)

投稿一覧(最新100件)

「The bells of sunda strait」ならCiNii(大学図書館検索サービス)で1冊見つかりましたね…。 https://t.co/FZuQqIhYGi https://t.co/x7uGMVSEhs
@NOJIwing 写真冒頭の「十六日」が大正13年10月16日であれば、大演習の真っ最中ですね。 大正一三年海軍大演習写真帖 https://t.co/0fQJdBQJnZ コマ番号32が10月16日午後2時50分、33が17日午前7時20分なのでこの間の出来事かと。 沈没判定か、はたまた事故で本当に沈んでしまったのか…。

22 0 0 0 OA 軍艦写真帖

えっ、昭和2年の海軍写真帖が国立国会図書館デジタルコレクションでオンライン閲覧できるんですか!? https://t.co/nSbzKqDY9u 神風型・睦月型駆逐艦がまだ「第○號」表記だったり、見覚えのある名前の駆逐艦が先代のだったりして興味深い…。

2 0 0 0 OA 官報

船舶安全法は昭和38年までしか遡れないと思っていたが、昭和38年に公布されたのは船舶安全法施行規則の方で、船舶安全法は昭和8年3月15日に公布されていた。ムツカシイネー。 こちらは号鐘には言及していないようだ。 https://t.co/Bgj7hokKLE

1 0 0 0 OA 官報

号鐘の大きさなどについては別に「船舶設備規定」(昭和九年逓信省令第六号)で定められている。 昭和9年の官報に規定の内容が記載されているが、第9號表に「號鐘 径二〇三ミリメートル以上ニシテ適當ノ場所ニ懸垂スルコトヲ要ス」とある。 https://t.co/z0OR570hwp

1 0 0 0 OA 官報

船舶設備規定の改正履歴、日本法令索引に一覧があった。 https://t.co/ETPpIzsHv4 更に、国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク先には昭和9年2月1日の官報の船舶設備規定の頁があった。 当時の法令がインターネットで手軽に閲覧できるとは…。すばらしい。 https://t.co/ZBad1otWv9
@chocolate_ep https://t.co/OVBjuktA4S 国立国会図書館か、図書館送信参加館であればパソコンで閲覧できるっぽい。 参加館の一覧は↓ https://t.co/L54CXjwivo

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(107ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@Berg3527Yuya ところがどっこい。所在は小島でも砲台の正式名称は来島を冠しているんですな。 https://t.co/pysPmiAoEu https://t.co/sCWGk7uXGD

フォロワー(221ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

6 6 6 6 OA 進水に就て

RT @ketta_gg: はい、榛名は(獣脂まみれでも)大丈夫です! こちらの1915年の講演録には、軍艦榛名の進水式の話題があるな。進水台の潤滑に播磨という石鹸屋に獣脂と魚油を5:1の割合で混合させたものを用意させ、総計16万ポンドの獣脂を使ったとか、とても興味深いな。 h…
RT @ketta_gg: 昔、古い雑誌を見た時にやたらと長い折込図面があって、それが武蔵の進水式に関するものだった。チラッと見て、なるほどこれは事前に山程の計算をして段取りしなけれはならなくて、思った以上に大変だなと思った覚えがある。 戦後まもなくに公開されたのだな。 htt…
@Berg3527Yuya ところがどっこい。所在は小島でも砲台の正式名称は来島を冠しているんですな。 https://t.co/pysPmiAoEu https://t.co/sCWGk7uXGD
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
@kougata_arsenal @battleship_5 @fake_johnbull さらに横から失礼します。 これによれば隣の大連港で朔望平均満潮位-朔望平均干潮位(大潮時の平均的な干満差)で3.262m 結構大きいですね。 関重雄(1943);大連港の潮位に就いて 日本海洋学会誌,3(1) https://t.co/moMITe06j7
RT @QmHSxpgqThzrxfk: 家康が直接織田家に人質に送られたかどうか、というのが話題になっているので、とりあえず出典論文置いておくなどします ネットで読めるものなので、とりあえず読んだ方が早い 村岡幹生「織田信秀岡崎攻落考証」(『中京大学文学会論叢』1号 201…
RT @kin_mokusei: なんだこれ。宇宙研史の事実上の続編か? 読まなければ。>宇宙研史編纂委員会 監修、加治木 紳哉 著『宇宙科学研究所の歴史に関する調査報告 理学と工学の連携の系譜』宇宙航空研究開発機構特別資料(2020年3月) https://t.co/0eKI…