ビートルアクト (対愛誤用垢) (@Xyloscoptes)

投稿一覧(最新100件)

RT @Orthopteroids: 哺乳類学会誌にて報告された「奄美大島におけるアマミノクロウサギのロードキル」。 ロードキルにバイアスがかかること、死因不明の死体は交通量の少ない林道や市道に多いこと、マングースが問題になった時も捕殺死体が見つからなかったこと等が書かれてい…

お気に入り一覧(最新100件)

サンゴの移植はこれまでにも実施されていますが、それは白化などで衰退したサンゴ礁の再生のために行われているのです。埋め立てるために他の場所に移すという行為は、決して保全とは言えません。移植の現状と課題については日本サンゴ礁学会の提言… https://t.co/N2mlhrm0jI
哺乳類学会誌にて報告された「奄美大島におけるアマミノクロウサギのロードキル」。 ロードキルにバイアスがかかること、死因不明の死体は交通量の少ない林道や市道に多いこと、マングースが問題になった時も捕殺死体が見つからなかったこと等が… https://t.co/Fj8jO9wMYc
奄美大島では実際、自動撮影カメラでノネコがアマミノクロウサギの離乳期幼獣個体を捕獲する場面が撮影されています。 たまたまカメラを仕掛けたから撮影されたものの、カメラのない広大な山林でどれだけ同じことが繰り返されているか想像に難くな… https://t.co/T11qlglF08
要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用… https://t.co/jx44PJUNCv

フォロー(112ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

国立国会図書館 諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 ―イギリス、ドイツ、アメリカ― 調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 830(2014. 9.16.) https://t.co/YEC5xrQ8rE 【ドイツ… https://t.co/FrvyD5XvZW
近畿のタウナギ(外来系統)では、巣穴中でオスが泡巣をつくってメスが産卵した後オスが孵化まで卵保護をして、さらに孵化後は仔魚を口内保育するという興味深い生態が報告されている https://t.co/bpY8ECsS36
RT @Gooserdragon2: 爬虫類の肺について調べてたら、両生類や爬虫類のようながに股で体をくねらせて歩く動物は、歩行中は肺で呼吸ができないとのことでした。(例外アリ)運動中のエネルギーは解糖系から得ており、持続力がない理由がわかりました。爬虫類のダイエットは運動では…
RT @Gooserdragon2: 爬虫類の肺について調べてたら、両生類や爬虫類のようながに股で体をくねらせて歩く動物は、歩行中は肺で呼吸ができないとのことでした。(例外アリ)運動中のエネルギーは解糖系から得ており、持続力がない理由がわかりました。爬虫類のダイエットは運動では…
RT @ell_psy_congroo: @oohoomiiojihana 国立国会図書館『諸外国における犬猫刹処分をめぐる状況』というレポートに書いてありました。3ページ下の方です。 https://t.co/3JffTerVI5

フォロワー(117ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @oikawamaru: 近畿のタウナギ(外来系統)では、巣穴中でオスが泡巣をつくってメスが産卵した後オスが孵化まで卵保護をして、さらに孵化後は仔魚を口内保育するという興味深い生態が報告されている https://t.co/bpY8ECsS36
RT @Gooserdragon2: 爬虫類の肺について調べてたら、両生類や爬虫類のようながに股で体をくねらせて歩く動物は、歩行中は肺で呼吸ができないとのことでした。(例外アリ)運動中のエネルギーは解糖系から得ており、持続力がない理由がわかりました。爬虫類のダイエットは運動では…
RT @tapa46: ヒラタケ菌糸食線虫に関する資料(日本語) https://t.co/VoZuqHsIkv https://t.co/0KbEGbeOhz https://t.co/vkzpHoGJV4 キノコを食害する線虫(日本語) https://t.co/msfqt…
RT @ell_psy_congroo: @oohoomiiojihana 国立国会図書館『諸外国における犬猫刹処分をめぐる状況』というレポートに書いてありました。3ページ下の方です。 https://t.co/3JffTerVI5