ハマトレ (@hamada_yuta)

投稿一覧(最新100件)

ストレッチ = ケガの予防? というより、 ・正常な可動域を確保することが、 ・不良姿勢を防ぐ要因の一つとなり パフォーマンスUPやケガの予防につながる。と考えたい

お気に入り一覧(最新100件)

背臥位で片膝屈曲30°でのheel push ex(体重10%)は、四つ這いでのダイアゴナルexと同じくらい腰部多裂筋の活動量が得られるそうです。 体重の10%をフィードバックするのが難しそうですけど…抄録でしたが興味深い知見でし… https://t.co/gfq6g0t7Kz

フォロー(259ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(10255ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【変形性膝関節症患者における立ち上がり能力の関連因子の検証】 膝伸展、屈曲のどちらかではなく両方の同時収縮によって関節を安定させる必要がありそうです。 また、疼痛とも関連あり https://t.co/XDe0J59EOB
RT @4QuorumSensing: 結論 : WHP群, Control群ともに, 4週間の摂取により歯周病臨床パラメーターが改善されることが示された. 特に, GCF中のTNF-α, IL-6がWHP群でのみ有意に減少したことより, WHPに含まれるホエイペプチドがGCF…
RT @kodoryoku_yuto: 今日の朝活にて たくやさん(@takuyahattori05 )に 坐骨神経と梨状筋の関係性についてのお話でした! 位置関係が人によって違い、坐骨神経痛に関わっているということを教えていただきました❗️ 引用 https://t.c…
【変形性膝関節症患者におけるH/Q比とlateral thrustの関係】 今回の研究では lateral thrustあり群ではH/Q比は有意に低かったです。 ただ、筋力の観点からは統一した見解は得られていません。 筋力のほ… https://t.co/NoBjzvRgMv
RT @ho_xbj: 今朝は、服部くん(@takuyahattori05 )による梨状筋症候群を導入に梨状筋と坐骨神経の解剖学的関係性について勉強しました
RT @ho_xbj: 今朝は、服部くん(@takuyahattori05 )による梨状筋症候群を導入に梨状筋と坐骨神経の解剖学的関係性について勉強しました
RT @mikiokarasawa: 上殿皮神経障害のよくまとまってるレビュー https://t.co/TJlg34oWBm
RT @96_tksmz: ✏️むち打ちの理学療法 急性期は廃用予防、可動性維持目的でのROM、疼痛抑制がメイン。 筋力増強や過度のストレッチングは疼痛を助長しやすい。 他の疾患でも同じことが言えますね! https://t.co/6nHD67jlvP
✏️むち打ちの理学療法 急性期は廃用予防、可動性維持目的でのROM、疼痛抑制がメイン。 筋力増強や過度のストレッチングは疼痛を助長しやすい。 他の疾患でも同じことが言えますね! https://t.co/6nHD67jlvP
RT @Happyacupunctu1: とりあえずフリーで見られるものです。 https://t.co/QVaJbA7jPl https://t.co/zY9l2jtgLw https://t.co/AjsgQkvRUn
RT @Happyacupunctu1: とりあえずフリーで見られるものです。 https://t.co/QVaJbA7jPl https://t.co/zY9l2jtgLw https://t.co/AjsgQkvRUn