Kazuhito Kidachi (@kazuhito)

投稿一覧(最新100件)

「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ、という文章 https://t.co/j9rIpUHB1A が久しぶりにはてブられていたが、異論をすでに書いたものだった。 https://t.co/5peciw7Fij
RT @db_jst: JST「情報管理」7月号 「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ:障害のある人にもない人にも情報を届けるために 来年4月、公的機関への「合理的配慮」義務付けを控え、野口武悟氏が解説 http://t.co/L8pKlsFxPx
“情報の発信者自身が自ら発信した情報のアクセシビリティの確保に責任をもつべき” Information accessibility as the base of the "reasonable accommodation” https://t.co/SiX76KQJFK
やめろください RT @iwamototuka やめてよぉ! / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/DCasCjVSwT 他50コメント http://t.co/c6T90jch8Q
やめろください RT @iwamototuka やめてよぉ! / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/DCasCjVSwT 他50コメント http://t.co/c6T90jch8Q

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(3242ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: 「特に仮名や漢字をモチーフに,文字を構成要素とする「文字型」図案をその対象とし,各時代の特徴的な造形方法を抽出」PDFあり。 ⇒柳橋達郎「明治・大正・昭和期における日本の自治体紋章の造形とその変遷」『デザイン学研究』63(2016) https…

2 2 2 0 OA 改暦問題

RT @SubaruTakeshima: 国立国会図書館デジタルコレクションで無料閲覧も可能( https://t.co/QcszMx3C8S ): 『改暦問題(国際連盟事務局東京支局): 昭和6年』 国際連盟事務局東京支局/¥270(Kindle) https://t.co/…

2 2 2 0 OA 改暦問題

国立国会図書館デジタルコレクションで無料閲覧も可能( https://t.co/QcszMx3C8S ): 『改暦問題(国際連盟事務局東京支局): 昭和6年』 国際連盟事務局東京支局/¥270(Kindle) https://t.co/jfTf9pDAPn
RT @huscap: 吉澤先生、イグ・ノーベル賞受賞おめでとうございます!トリカエチャタテ帽(?)はすかっぷちゃんも嬉しそうです。【担当K】 該当論文はコチラ:https://t.co/Xa33tnAbsh HUSCAPにもあります:https://t.co/0HjIni4n…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…

フォロワー(3728ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: 「特に仮名や漢字をモチーフに,文字を構成要素とする「文字型」図案をその対象とし,各時代の特徴的な造形方法を抽出」PDFあり。 ⇒柳橋達郎「明治・大正・昭和期における日本の自治体紋章の造形とその変遷」『デザイン学研究』63(2016) https…

2 2 2 0 OA 改暦問題

RT @SubaruTakeshima: 国立国会図書館デジタルコレクションで無料閲覧も可能( https://t.co/QcszMx3C8S ): 『改暦問題(国際連盟事務局東京支局): 昭和6年』 国際連盟事務局東京支局/¥270(Kindle) https://t.co/…
RT @huscap: 吉澤先生、イグ・ノーベル賞受賞おめでとうございます!トリカエチャタテ帽(?)はすかっぷちゃんも嬉しそうです。【担当K】 該当論文はコチラ:https://t.co/Xa33tnAbsh HUSCAPにもあります:https://t.co/0HjIni4n…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogawa_tter: "深層ニューラルネットの積分表現理論"、園田 翔、博士論文、2017年2月、早稲田大学 https://t.co/MCIyuOs36X 「深層ニューラルネットの中で何が起きているのか,なぜ深層にした方が良いのかという問題に対して」 https:/…