栗本賢一 (@kenichikurimoto)

投稿一覧(最新100件)

【論文掲載】 「東京臨海部における産業集積実態の把握ならびにその動学的外部性に関する研究」 町丁目単位に着目した港湾・空港産業および知識集約型ビジネスサービス業を対象とした分析 栗本賢一, 岡田智秀, 落合正行 都市計画論文集57(2), pp.263-278, 2022年 https://t.co/5eJfJomVsY

お気に入り一覧(最新100件)

236 107 0 0 OA 因果推論の道具箱

因果推論についての総復習のような論文。 https://t.co/KaoZqL8e2B

236 107 0 0 OA 因果推論の道具箱

因果推論の道具箱(大久保) 従来の因果推論手法の概要と近年の因果推論のトレンドが簡潔かつ体系的にまとめられていて非常に読みやすかった。 https://t.co/9BRVQvvRxg

フォロー(1338ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

風船爆弾について記事を書きました。効果ほとんどありませんでしたが、米本土が攻撃された珍しいケースですね https://t.co/urFzqZ4XlQ
This article, published in Geographical review of Japan series B, is one of the top papers accessed during the last month. #ajgeog Commodification of a Rural Space in a World Heritage Registration Movement: Case Study of Nagasaki Church Group https://t.co/orxeaOYiA5
RT @CKKCOBALT: ところで、一部の界隈で馬鈴薯にコバルト60を用いたγ線照射によって馬鈴薯が放射能を持つ(つまり誘導放射能)のではないかという憶測が福島の件で囁かれたが、これについては実際に実験が行われ、そのようなリスクは無いと結論付けられている。 https://…
「地理学評論」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京の都心周辺地域における土地利用の変遷と建物の中高層化 牛垣 雄矢 https://t.co/KvJCaorieZ
RT @mendounaradoron: #偏差値が20違うと会話が成立しない #◯◯でもわかるように説明を工夫したところでそもそも◯◯は説明を聞いてない #反ワク乙 「所属リンパ節への集積」云々は、創薬に携わった方々が一番よくご存知です mRNAワクチンの体内動態(DDS…
「地理学評論 Series A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 1950年代後半の東京における「不法占拠」地区の社会・空間的特性とその後の変容 本岡 拓哉 https://t.co/I9D3AyhNV6
RT @shoemaker_levy: いくつか書評も読んでみた。個人的にはこちらの書評に全体的に同感 吉川徹「書評 渡邊勉著『戦争と社会的不平等―アジア・太平洋戦争の計量歴史社会学―』」『フォーラム現代社会学』20巻(2021) https://t.co/iojgc0wr77
RT @hasesegawanob: 博士論文の枠組みの元となった論文が公開されました。 メーカー住宅を部分的に自由設計化する際の、建築家との協同に着目したコミュニケーション分析の研究です。 https://t.co/2xEx290qCq
#研究事例リストに追加しました:橋元知子 2022 "Motivational Effects of Variations in Sequence of Cooperative Learning Activities"(異なる協同学習の順番が動機づけにもたらす影響について) 明治大学大学院国際日本学研究科 博士論文 https://t.co/DX2iKEKMMS ※お知らせ感謝申し上げます
#研究事例リストに追加しました:金孝珍 2022 「接触場面の初対面会話におけるスピーチレベル運用の傾向 ―タメ口使用とそのメタメッセージに着目して―」 『社会言語科学』 25(1): 198-213 https://t.co/fQF58C1OJ0 ※お知らせ感謝申し上げます
【建築学会審査付き論文掲載】 道路占用許可関連制度の網羅的傾向と変遷からみた緩和規定の特徴及び課題 ―道路占用許可の特例、国家戦略道路占用事業及び道路協力団体制度を対象として― 泉山塁威, 宇於﨑勝也 日本建築学会計画系論文集, 88 巻 804 号 pp. 568-579, 2023年2月 https://t.co/AEwFU9mFPm https://t.co/hlnX450Wga
「日本地理学会賞(優秀論文部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 田中雅大 「地理空間情報を活用した視覚障害者の外出を『可能にする空間』の創出――ボランタリー組織による地図作製活動を事例に――」 https://t.co/VS6GHWz90J https://t.co/l2s1DPbvTo
山口覚, 喜多 祐子(2014)「先祖との絆を創りだす : 日本における先祖調査の展開」『関西学院大学先端社会研究所紀要』11:11-26 https://t.co/Uoo9Q1PGbj 戦前には主に専門家によって担われていた系図学は、1970~80年代における先祖調査ブームを契機として、一般人によってなされるものへと変化
「日本地理学会賞(若手奨励部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 崎田誠志郎 「和歌山県串本町におけるイセエビ刺網の共同体基盤型管理の多様性」 https://t.co/HQuNn95M8J https://t.co/eQZMuqFluD
#研究事例リストに追加しました:長谷川元洋・上野顕子・新谷洋介・清水克博・榊原博美 2022 「質問作り(QFT)の手法を用いた授業の感想の分析 ―教職課程履修学生を対象とした消費者教育の授業にて―」 『消費者教育』 https://t.co/sXgvUm5mmR ※お知らせ感謝申し上げます
稀に依頼のある私小説あるいは先達との思い出シリーズの新作です.今回は堀先生との思い出と,研究や学会のエコシステムについて書いていたはずが,なんだかラブレターみたいなものに... https://t.co/8C8ay15D6E
「日本地理学会賞(論文発信部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 南雲直子 「フィリピンの洪水常襲地帯における洪水氾濫解析とGISマッピング―災害対応計画作成に向けた取り組みと課題―」 https://t.co/j8T5qAl4Vv https://t.co/kqCbaJk3f6

フォロワー(390ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

This article, published in Geographical review of Japan series B, is one of the top papers accessed during the last month. #ajgeog Commodification of a Rural Space in a World Heritage Registration Movement: Case Study of Nagasaki Church Group https://t.co/orxeaOYiA5
「地理学評論」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京の都心周辺地域における土地利用の変遷と建物の中高層化 牛垣 雄矢 https://t.co/KvJCaorieZ
「地理学評論 Series A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 1950年代後半の東京における「不法占拠」地区の社会・空間的特性とその後の変容 本岡 拓哉 https://t.co/I9D3AyhNV6
「日本地理学会賞(優秀論文部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 田中雅大 「地理空間情報を活用した視覚障害者の外出を『可能にする空間』の創出――ボランタリー組織による地図作製活動を事例に――」 https://t.co/VS6GHWz90J https://t.co/l2s1DPbvTo
「日本地理学会賞(若手奨励部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 崎田誠志郎 「和歌山県串本町におけるイセエビ刺網の共同体基盤型管理の多様性」 https://t.co/HQuNn95M8J https://t.co/eQZMuqFluD
「日本地理学会賞(論文発信部門)」これまでの受賞論文からご紹介します。 南雲直子 「フィリピンの洪水常襲地帯における洪水氾濫解析とGISマッピング―災害対応計画作成に向けた取り組みと課題―」 https://t.co/j8T5qAl4Vv https://t.co/kqCbaJk3f6