テニス論文bot (@ronnbunnbot)

投稿一覧(最新100件)

テニス選手の体力トレーニングに関する研究(梅林ら 1994) テニス選手に対してトレーニングプログラムを実施させ,その効果及び妥当性を検討した研究 https://t.co/xkvfiLONsT
日本の一流ジュニアテニス選手の形態・体力的特性とその経年的変化(勝田ら 1999) 一流ジュニアテニス選手における形態的,体力的特性を明らかにすることを目的とした研究 https://t.co/iLUZggdVkR
テニス競技におけるラリーテンポの加速化について(佐藤ら 2000) 1980年代と1999年のラリーテンポを測定し,比較することによりテニスの運動強度の変遷を調査した研究 https://t.co/LXPRafvSgZ
大学男子テニス選手を用いた2つの異なる期分けトレーニングの比較研究(今西ら 2007) 期分けトレーニングとして典型的なモデルの方法を大学テニス選手に適用し,効果的なトレーニング方法を検討した研究 https://t.co/S4n0fjxr63
男子プロテニス選手におけるサーヴィス速度変化の戦術的効果に関する一考察(佐藤ら 2003) 男子トッププロ選手のサービス速度変化に着目し,その実態と戦術的効果を明らかにした研究 https://t.co/yRwePzXjbS
大学女子テニス選手におけるビタミンB1,B2,C摂取量とビタミンの栄養状態との関連性(関根ら 2001) 大学女子テニス選手及び一般学生を対象に,水溶性ビタミン(ビタミンB1,B2,C)の摂取状況調査と栄養状態の評価を行った研究. https://t.co/bpm1YGIw7o
テニスの試合における勝敗に関する一考察-サーブの分析を中心として-(足立 1999) 統計的データをもとにしてサーブを中心にシングルスの試合において勝敗を決定する要因を明らかにした研究 https://t.co/rgR6fMLF4t
スポーツ行動の継続化とその要因に関する研究(1)-婦人テニス教室参加者の場合-(金崎ら 1989) テニス教室に参加した婦人を対象に,テニスの継続化の要因について検討した研究 https://t.co/gq3jp5ZX6H
テニススウィングの解析と定量評価(浅野ら 2007) ラケットとボールの軌跡,それぞれの速度,打点でのラケット面の角度などを示し,初心者と上級者のテニススィングの違いを検証した研究 https://t.co/nqSWfhJl0J
コートサーフェス別のファーストサービスの着目した世界一流テニス選手のゲーム分析(岩月ら 2012) フェデラーとナダルの複数の対戦におけるコートサーフェス別のファーストサービスの特徴及び戦術を明らかにすることを目的とした研究 https://t.co/3kCYroMODJ
女子選手を対象としたスタンスに関する研究(高橋ら 1999) 女子テニス選手を対象にストローク時のスタンスについて調査し,フットワークの向上のための指針を得ることを目的とした研究 https://t.co/6uEZRogWr8
インパクトにおけるテニスプレーヤーの手首関節衝撃振動の予測(川副ら 2013) 超大型ヘッドを持つ軽量ラケットの打球感に関する性能を明らかにするために,ラケットの質量及び質量分布がグリップとプレーヤーの手首関節衝撃振動におよぼす影響について予測した研究 https://t.co/xCFX7bDK1G
没入型3次元映像呈示におけるテニス打球に対する知覚(井田ら 2010) VRを用いたトレーニングがどの程度有効か検討した研究 https://t.co/gyWwCZNNqt
テニスラケットのスピン性能におよぼすガット・ノッチの影響(川副ら 2010) ストリングスについて,ノッチ(ガットの交差点にできる溝)のトップスピン性能におよぼす影響を超高速ビデオ画像解析により,定量的に明らかにした研究 https://t.co/htXNXSypSg
衝突現象を考慮したテニスラケットのCAE(川副 1992) ラケットとボールの反発に関して調査した研究 https://t.co/jDSYTFPmIf
テニスレッスンが子どもの高次認知機能に与える効果(石原 2017) テニスレッスンが子どもの認知機能にどのような影響を及ぼすのか調査した研究 https://t.co/0U4hbXNXC8
ラリーの主導権を握るショットに関する研究〜世界トップレベルを対象として〜(宮地 2009) 男子における世界トッププレーヤーのラリー主導権を握るショットに着目し,ポイントを獲得するためにはどのような有効打を選択しているか分析した研究 https://t.co/MjI28B5yVl
テニス選手に対するメンタルトレーニングの実施と効用性(村上ら 2000) 高校生を対象に, 自律訓練とイメージトレーニングを用いたメンタルトレーニングを週2回, 約3ヶ月間実施し, その効果を検討した研究. https://t.co/ejzvTW8Y0a
テニスラケットのスピンオフ性能のメカニズム(ストリング交差点潤滑によるスピン性能向上の超高速ビデオ画像解析) (川副ら 2006) ストリングの摩擦によってスピン性能がどのように変化するのか明らかにした研究. https://t.co/R4Q5QgQ7Ju
ジュニア・テニス選手のコンディショニング,障害に関する研究 ジュニアテニス選手を対象にコンディショニング及び障害の実態調査を行った研究 https://t.co/x2YexwQosi
テニスにおける世界トップ選手と世界トップジュニア選手のゲーム内容の比較(高橋ら 2006) テニスの戦術面についてジュニア選手と世界トップ選手を比較し,ゲーム様相の違いについて調査した研究. https://t.co/4qbdvoZuCM
テニスのサービス速度と筋力との関係は技術レベルによって変化する(大森ら 1995) サービス速度と筋力との関係をサービス技術レベル別に調査した研究 https://t.co/RK1spTI38r
大学硬式テニス選手のゲーム中の心拍反応(佐藤ら 2001) テニスのゲーム中における心拍数の変動を測定した研究 https://t.co/dRH3VbV9kW
テニスのストローク動作における関節トルク:頭上から見た水平回転運動の解析(藤澤ら 1997) テニスのフォアハンドストロークにおける関節トルクとインパクト後のボール速度の関係を調査した研究 https://t.co/NovDIMB9Ws
テニスにおけるポイント取得率と技術との関連性:日本の地方学生大会における検討(高橋ら 2006) テニスのゲームを取得する上で重要なカウントでのポイント取得率とそこで用いられた技術との関係を分析した研究 https://t.co/qTZZM8vef8
女子テニスプレーヤーのコンディショニング,障害に関する調査研究(松原ら 1998) 一般女性を対象に練習状況や怪我の経験等をアンケートによって調査した研究。 https://t.co/o6YrnXfJrv
テニスにおける体力トレーニングの重要性に関する研究(祝原ら 2009) テニスプレーヤーの競技成績と体力との関係を調べた研究 https://t.co/aofAqYEI02
3か月間のテニスによる身体活動が体力に及ぼす影響(藤島ら 1989) 中年女性を対象としたテニス教室を3ヶ月間行い、教室終了時と教室終了時から2年後の体力特性を調査した研究。 https://t.co/zFhM8lIUCi
大学テニス選手に対する短期的フィジカルトレーニングプログラムの効果の検討(宮地 2013) フィジカルトレーニングを行うことで、テニスにおいて重要だと考えられる上体起こし、5方向走、往復走の項目が向上した。 https://t.co/MPdUryu3k7
下肢および胴部に着目した硬式テニスサーブにおけるボールの回転の打ち分け(村田ら 2014) 右利きの選手の場合、左脚は主にヘッドスピード獲得のための力学的エネルギーを発生する。 https://t.co/JwPp269oNb
上肢および上胴に着目したテニスサーブにおける回転の打ち分け(村田 2014) 球種の打ち分けをする際のスウィング方向の変化は上肢によるスウィングの調節ではなく、主に上胴の姿勢の変化によってなされていた。 https://t.co/bqrLb7jJFW
テニスのネットプレーにおける予測に関するパターン認知の学習効果(海野ら 1989) パターン認知の学習を行うことで初級者および中級者どちらもパス-ロブ予測及びパスのコース予測の正答率が向上した。また、反応開始時間も短縮した。 https://t.co/9i4pTPXZ8w
テニスのゲームを取るために重要なポイント(髙橋 2006) どちらかのプレーヤーがポイントをリードしている状況(0-15, 15-30)では、ポイントをリードされているプレーヤーがそのポイントを取る確率が比較的高くなる。 https://t.co/nxXgYOsheu

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(36ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(159ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)