著者
長谷川 丈 杉山 大介 熊坂 美紀子 菱沼 美和子 松尾 公美子 井出 壮一郎 田中 聡 鬼頭 剛
出版者
一般社団法人 日本ペインクリニック学会
雑誌
The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌 (ISSN:13404903)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.144-149, 2008-04-25
参考文献数
10
被引用文献数
7

「電流知覚閾値(患者が感じる最小電気刺激量)」と「痛み対応電流値(痛みと等価の電流量)」から「痛み度」を数値化する知覚・痛覚定量分析装置ペインビジョン<sup>TM</sup>が開発された.疼痛治療の評価におけるペインビジョンの有用性を,治療により疼痛が軽減した16症例(疼痛低下群)と疼痛が軽減しなかった9症例(疼痛不変群)の合計25症例で,視覚的アナログ疼痛スケール(VAS)で評価した痛みの程度(VAS値)との関係から検討した.疼痛低下群では,治療後にVAS値,痛み対応電流値,痛み度は有意に低下し,電流知覚閾値は有意に上昇した.疼痛不変群では,VAS値,痛み対応電流値,痛み度は有意に変化せず,電流知覚閾値は有意に低下した.VAS値と最も強い相関を示したのは痛み度であった.以上より,疼痛の治療前後にペインビジョンで評価することで,痛みという主観的な感覚の変化を,痛み度という数値の変化として表現できることが示された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 16 posts, 25 favorites)

#ペインビジョン による #疼痛治療 の評価 疼痛の治療前後にペインビジョンで評価することで痛みという主観的な感覚の変化を #痛み度 という数値の変化として表現できることが示された. 引用元… https://t.co/MGFT79E0es
疼痛の治療前後に #ペインビジョン で評価することで痛みという主観的な感覚の変化を,痛み度という数値の変化として表現できることが示された https://t.co/ClpeGqT950 痛みの強さの客観的評価 ― 知覚・痛覚定量… https://t.co/HHeqN5BQo6

収集済み URL リスト