著者
福島 邦夫
出版者
長崎大学
雑誌
長崎大学教養部紀要. 人文科学篇 (ISSN:02871300)
巻号頁・発行日
vol.36, no.2, pp.93-104, 1996-01

五来重氏は中世の遊女の呪具である木偶人形、百太夫に注目し、百太夫がイタコのオシラ様につながるものとして、中世の遊女(巫女)と東北のイタコとの関係を連続するものとして跡づけた。従来の日本のシャーマニズム研究には歴史的な視点が欠落しており、単なる現状のモノグラフとその分析に終わっているといえよう。五来重氏のこの指摘はそれに一石を投じたものであった。本稿は歴史的な視点を取り込みながら、平戸・生月のシャーマン的職能者のモノグラフと歴史的史料を中心に陰陽道とシャーマニズムの関係を考えてみようとするものである。平戸・生月ばかりでなく北部九州一帯には、トウニン、ホウニン、ダイニンなどと呼ばれるシャーマン的な民間宗教者が存在する。そのことについてはすでに別稿で触れた。以下の報告では、彼らのイニシエーションに注目し、また、彼らを生んだ宗教的な伝統を明らかにすることを目的として、平戸・生月の例を取り上げながら、考えてみたい。まず、いくつかの事例を報告する。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 平戸・生月の民間宗教者について : 陰陽道とシャーマニズム(福島 邦夫),1996 https://t.co/ByMWnyiiqf
こんな論文どうですか? 平戸・生月の民間宗教者について : 陰陽道とシャーマニズム(福島 邦夫),1996 https://t.co/ByMWnyiiqf
長崎にも、この方面の研究者は幾らか存在するらしいね。>平戸・生月の民間宗教者について : 陰陽道とシャーマニズム http://t.co/s1AadzreDT #陰陽道 #陰陽師

収集済み URL リスト