著者
高橋 紀子 島田 義弘
出版者
東北大学
雑誌
東北大学歯学雑誌 (ISSN:02873915)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.19-27, 1989-06-30
被引用文献数
1

年一回の視診型定期歯科検診を実施している某高専校において, 年齢15歳から21歳の学生664名(男子577名, 女子87名)を対象に舌疾患の有病状況について調査し, 以下の成績を得た。同一年齢の男女間の有病率は, 19歳群の男女間を除く他の年齢群では性差を認めなかった。男女合計の年齢群別有病状況は, 19歳群が最も高く56.1%, 20歳が最も低く40.0%であり, この範囲の高低はあるが, 各年齢群間には統計学的有意差を認めなかった。被検者全体における有病者は331名, 49.8%であった。検出された舌疾患は9種類で, それぞれの被検者全体に対して占める割合は, 舌苔32.4%, 毛舌症19.4%, 地図状舌4.2%, 溝状舌2.6%, 舌強直症2.3%, 圧痕舌1.7%, 赤色平滑舌0.6%, 舌裂と正中菱形舌炎がそれぞれ0.2%であった。なお, 舌苔と白毛舌, 地図状舌と溝状舌等のように, 二つの別な疾患が併存する例も多く, 89例に見られた。これらの舌疾患は痛み等の自覚症状に乏しく, 治療処置を必要としないため, 定期歯科検診の際には一般に軽視されがちであるが, 今回の調査では9種類の舌疾患を検出し, 従来の類似した年齢集団を対象とした調査成績と比較して, 舌苔, 毛舌症, 地図状舌はかなり高い有病率であった。

言及状況

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 定期歯科検診で検出された某高専校学生における舌疾患の有病状況(高橋 紀子ほか),1989 http://id.CiNii.jp/BsMiL
こんな論文どうですか? 定期歯科検診で検出された某高専校学生における舌疾患の有病状況(高橋 紀子ほか),1989 http://id.CiNii.jp/BsMiL

Wikipedia (6 pages, 7 posts, 1 contributors)

編集者: Hanabishi
2011-04-03 00:36:43 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Hanabishi
2010-02-14 01:02:23 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト