著者
外池 智
出版者
秋田大学
雑誌
秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要 (ISSN:13449214)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.17-30, 2003-03

「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」は,1979-1980(昭和54-55)年の野尻滋校長期(1978-1982)に秋田市立八橋小学校で作成された「郷土かるた」である.野尻氏はその後,同じ秋田市の他地域を題材に5つのかるたを作成している.県単位ではなく市町村単位の同一地区で,計6つの「郷土かるた」が作成された例は他に類をみない.本研究では,主に歴史的視点を中心とした地域素材の教材化について,この「八橋・寺内かるた」を具体的事例としてその作成過程を明らかにするとともに,同じ秋田市の「郷土かるた」である「土崎郷土かるた」,全国的に著名な「上毛かるた」との比較によりその題材における特色を明らかにした.「八橋・寺内かるた」は,いわば学校が生み出した文化である.こうした教材は,その作成者のみならず,作成の舞台となった学校において継承・発展されることによって,地域文化としての意義を有する.それは,これまで個別に開発・「消費」される教材を,他の教員,当該学校として共有化することであり,ひいては地域の文化として継承することである.

言及状況

Twitter (2 users, 7 posts, 1 favorites)

歴史的地域素材の教材化とその特色:「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」を事例として https://t.co/QHOYwHq0fR
歴史的地域素材の教材化とその特色:「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」を事例として https://t.co/QHOYwHq0fR
歴史的地域素材の教材化とその特色:「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」を事例として https://t.co/QHOYwHq0fR
歴史的地域素材の教材化とその特色:「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」を事例として https://t.co/QHOYwHq0fR
歴史的地域素材の教材化とその特色:「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」を事例として https://t.co/QHOYwHq0fR
歴史的地域素材の教材化とその特色:「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」を事例として https://t.co/QHOYwHq0fR
歴史的地域素材の教材化とその特色 : 「古里かるた わたしたちの八橋・寺内」を事例として http://t.co/FnvNOMMNgt

収集済み URL リスト