著者
外池 智
出版者
秋田大学
雑誌
秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要 (ISSN:13449214)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.17-30, 2003-03

「古里かるたわたしたちの八橋・寺内」は,1979-1980(昭和54-55)年の野尻滋校長期(1978-1982)に秋田市立八橋小学校で作成された「郷土かるた」である.野尻氏はその後,同じ秋田市の他地域を題材に5つのかるたを作成している.県単位ではなく市町村単位の同一地区で,計6つの「郷土かるた」が作成された例は他に類をみない.本研究では,主に歴史的視点を中心とした地域素材の教材化について,この「八橋・寺内かるた」を具体的事例としてその作成過程を明らかにするとともに,同じ秋田市の「郷土かるた」である「土崎郷土かるた」,全国的に著名な「上毛かるた」との比較によりその題材における特色を明らかにした.「八橋・寺内かるた」は,いわば学校が生み出した文化である.こうした教材は,その作成者のみならず,作成の舞台となった学校において継承・発展されることによって,地域文化としての意義を有する.それは,これまで個別に開発・「消費」される教材を,他の教員,当該学校として共有化することであり,ひいては地域の文化として継承することである.
著者
外池 智 TONOIKE Satoshi
出版者
秋田大学教育文化学部
雑誌
秋田大学教育文化学部研究紀要 教育科学 (ISSN:13485288)
巻号頁・発行日
vol.70, pp.1-18, 2015-03-01

In this study, study on the inheritance of telling war experience from study promoted from fiscal2009 war ruins of the2012 fiscal year promoting continuing research, and to announce the end. Being expanded throughout the country today in these studies, coming after 70 years, reduction of the direct experience of war and battlefield experience in the archives of the war ruins and war experience narratives inherited programs regarding went content configuration for basic research and analysis. Especially in the latter case, the Hiroshima, for example, Hiroshima citizens Bureau by a-bomb experiences tradition of training projects, as case 3 of the , Nagasaki national peace Memorial Hall for the atomic bomb victims radiation exposure experience record readings project / readings volunteer training and dispatch Nagasaki case 2 of the and taken volunteer training by the Okinawa prefectural Peace Memorial Museum, Okinawa Prefecture case study 4 . However, these are rather deployed as part of a citizen, is not necessarily limited to school education. So, what peace education is conducted in the present study, based on previous research, school education teacher training, or its present research and analysis to like. Featured continued pioneering initiatives for peace education as a specific case study, Hiroshima City and Nagasaki City, Naha city, I want to analyze and attention to the positioning of peace education in teacher training, structure, curriculum and teaching materials.
著者
外池 智
出版者
秋田大学
雑誌
秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要 (ISSN:13449214)
巻号頁・発行日
vol.34, pp.11-24, 2012-05-31

本研究は,2009-2011年度の採択された科学研究費補助金基盤研究(C)「地域における戦争遺跡の複合的・総合的アーカイブと学習材としての活用」の総括の一部を報告するものである.本研究では,2007・2008年度の報告を踏まえ,まず現在の全国における戦争遺跡について,特に文化庁を中心とした「近代化遺産総合調査」による取り組みを整理するともに,全国における戦争遺跡の指定・登録の現状とその類型的分析を試みた.さらに現在は文化財としての指定・登録が全くなされていない秋田県を事例として取り上げ,県下の戦争遺跡を抽出するとともにその類型的分析を行った.また,今回は戦争遺跡を活用した実践的取り組みとして,秋田大学における「社会科巡見」で取り組んでいる実践事例を紹介した.This research is 2009-2011 Auxiliary gold research adopted in fiscal science research (C) in "utilization as a complex and comprehensive archive of the war-related sites in the region and learning materials" part of the summary report. In this study, 2007-2008 Modernization of legacy general survey based on the report of the fiscal year, first with cultural affairs especially about the war-related sites in the current national efforts to organize at least, tried to present the war-related sites in the country of registration and its typological analysis. More featured registered and designated as important cultural assets was not made at all now Akita Prefecture as an example, went to extract the war ruins of the prefecture with its typological analysis. Also introduced practices working in "social studies fieldwork" in Akita University as a pragmatic approach this time utilizing the war-related sites.
著者
外池 智
出版者
秋田大学
雑誌
秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要 (ISSN:13449214)
巻号頁・発行日
vol.30, pp.13-31, 2008-05

今日,戦後60年を越える年月を経て,「ヒト」から「モノ」へ,確実に戦争の記憶や記録,痕跡が移行していく中,体験者の持つリアリティーに迫る理解・共感可能な学習をどのように展開していくのかは歴史教育の重要な課題となっている.本研究では,戦争遺跡に注目し,まず現在の全国における戦争遺跡について,特に文化庁を中心とした「近代追跡調査」による取り組みを整理するともに,その類型的分析を試みた.また,秋田県を事例に,同様の類型的分析を試みた.さらに,そうした戦争遺跡のその学校教育における学習材としての活用について,秋田県を事例に取り上げ,特に土崎空襲を題材にした小・中・高校のそれぞれの実践,すなわち,文化祭において戦後60年(土崎空襲60年)を機に全面的に取り上げた秋田中央高校,沖縄への修学旅行と関連させ,沖縄と土崎との比較研究を取り入れた下浜中学校,「総合的な学習の時間」で体系的に取り組んでいる土崎南小学校と港北小学校について検討した.Under the cicumstances that the number of people with wartime experiences is decreasing, it is an urgent task to establish the teaching of history in which students can share the experiences of those people. As a first step toward this aim, the research under discussion collected data on some of the war sites across japan, especially those related to investigations into modern historical remains, and analyzed them through categorization. Then, the research examined how such data are being used in actual teaching by focusing on the cases of Akita Chuo High School, Shimohama Junior High School, Tsuchizaki Minami Elementary School, and Kouhoku Elementary School, where the Tsuchizaki Air Raids was taken up as a topic of teaching.