著者
村田 浩一
出版者
日本野生動物医学会
雑誌
Japanese journal of zoo and wildlife medicine (ISSN:13426133)
巻号頁・発行日
vol.7, no.2, pp.145-148, 2002-09
参考文献数
6

飼育下アジアゾウ(Elephas maximus)3個体の体表にゾウハジラミ(Haematomyzus elephantis)寄生を認めた。感染個体は高度の〓痒感を示し,室内の壁面や床面に体を擦り付ける行動が見られたが,これによる擦過傷や丘疹の発生は認めなかった。合成ピレスロイド系薬剤の寄生部位への局所投与には効果がなかった。カーバメイト系シャンプー剤による全身洗浄を約2か月間に5〜7回行ったところ著効が認められた。ゾウの検疫にはゾウハジラミ寄生にも注意を払う必要がある。

言及状況

Twitter (7 users, 8 posts, 22 favorites)

ゾウハジラミ(Haematomyzus elephantis) ゾウに寄生するシラミの仲間 吻部がゾウに似て長~い形態を初めて見たときには笑ってしまった。 その後で、進化の妙に感動した思い出がある。… https://t.co/skbse3vXdj
1 1 https://t.co/Fye04McDaI
初めて見た時には笑ってしまった ゾウに寄生するシラミがゾウそっくりだったから https://t.co/NGqVXKGQzk https://t.co/sSww3IImYw

収集済み URL リスト