著者
田中 哲朗 岩崎 英哉 長橋 賢児 和田 英一
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.36, no.9, pp.2122-2131, 1995-09-15
被引用文献数
7 or 0

多くの漢字は偏や旁などの基本的な部品の組合せからできている。本論文では、このことを利用して、漢字を具体的な座標を含まない抽象的な組合せ情報で定義しておき、プログラムによって部品を組み合わせてフォントを生成する方法を提案する。各部品は組合せによって大きさが変化するので、通常は様々な大きさの部品を用意しないと組み合わせて使うことができない。しかし、線の太さを自由に変えることのできるスケルトンフォントを使えば、あるサイズでデザインした部品をサイズを変更して使うことができる。そこで、本研究では論文(1)で提案した複数書体に対応可能なスケルトンフォントの形式で部品のデザインを表現する。組合せの種類として、横方向、縦方向、片方の部品の空白部分に他方の部品を配置する嵌込みが考えられる。JIS X0208に含まれるすべての漢字をこの3種類の組合せで表現して、最初の2つの組合せを扱うだけでもある程度デザインコストを減らせるが、嵌込みを扱うと更に効果があることを確かめた。また、未知の漢字が現われた時に、既知の部品の組合せだけで表現できる可能性を、JIS X0212の漢字の何割がJIS X0208の漢字の部品で表現できるかによって見積もった。表現した漢字を表示、印刷するためには組合せアルゴリズムが重要である。そこで、一番容易な横方向の組合せを実現するために単純な方法をいくつか実装し、評価をおこなった。その中でもっとも良かった組合せアルゴリズムをもとに縦方向、嵌込みのプログラムを実装し、JIS X0208とJIS X0212のフォントセットを作成した。これが単純なアルゴリズムで作成されたものにもかかわらず、ある程度の品質に達していることを確かめた。

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 0 favorites)

和田研フォント( c.f. 部品合成による漢字スケルトンフォントの作成 https://t.co/CtCOblTGwB )が夢見た未来だ()
こんな論文どうですか? 部品合成による漢字スケルトンフォントの作成(田中 哲朗ほか),1995 http://t.co/muMXwtJoVj
CiNii 論文 -  部品合成による漢字スケルトンフォントの作成 http://t.co/DDtEb0Hj
こんな論文どうですか? 部品合成による漢字スケルトンフォントの作成(田中 哲朗ほか),1995 http://t.co/GfAR5QAb
こんな論文どうですか? 部品合成による漢字スケルトンフォントの作成(田中 哲朗ほか),1995 http://id.CiNii.jp/LaGHL

収集済み URL リスト