著者
大橋 力 仁科 エミ 不破本 義孝 河合 徳枝 森本 雅子
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.1997, no.18, pp.29-34, 1997-02-20
参考文献数
12
被引用文献数
1

26kHzをこえる高周波成分は、それ単独では人間に音としてきこえないにもかかわらず、それをふくんだ音は、それを除外した音にくらべて、脳波α波ポテンシャルを統計的に有意に増大させるとともに共存する可聴音をより快適に感受させる効果をもつことをみいだした。この高周波成分のもつ感性効果「ハイパーソニック・エフェクト」について、研究の経緯、使用したシステム、高周波成分の生理学的・心理学的効果などについて概観する。We have developed a new system for sound presentation and a novel technique to measure brain electric activity, and used them to determine if high frequency components above the audible range can influence sound perception in ways not discerned by the method of paired comparisons. We report that high frequency sound induces activation of α-EEG rhythms that persist in the absence of high frequency stimulation, and can affect perception of sound quality.

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

http://ci.nii.ac.jp/naid/110002935413

Facebook における性別

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  ハイパーソニック・エフェクトについて https://t.co/lbbYfupSPH #CiNii
44.1kHzの壁は、20世紀的な視野狭窄が原因。ハイパーソニックエフェクトの発見は、人類を新たな領域に引き上げる。http://ci.nii.ac.jp/naid/110002935413

収集済み URL リスト