著者
戸田 須恵子
出版者
北海道教育大学
雑誌
釧路論集 : 北海道教育大学釧路分校研究報告 (ISSN:02878216)
巻号頁・発行日
vol.37, pp.101-108, 2005-10-30

本研究は、乳児が初語としてどのようなことばを発し、24ケ月までにことばをどれだけ獲得していくのかを明らかにすることを目的とした。27組(男児16名、女児11名)の母子の協力が得られた。縦断的方法によって、生後5ケ月から24ヶ月まで約2ケ月毎に家庭訪問をし、計10回の母子遊びを観察した。言語については、13ケ月から訪問時に母親から乳児の発語について聞いた。しかし、遊びで発したことばはデータに含まれていない。結果は、13ケ月から24ヶ月まで乳児はことばを獲得していき、18ヶ月以降の語彙獲得の増加は著しかった。最初の13ケ月時の調査で既に20語を獲得している乳児もおり、乳児はそれ以前に既にことばを獲得していることが推測された。13ヶ月〜24ケ月までに最も多く獲得した乳児の語数は470語で、反対に最も少ない語数は12語と、個人差が非常に大きいことが明らかになった。又、初語としては、パパ、ママのことばが一番多く、次いで、食べ物のマンマが多く、イナイイナイバー、イタイなどのことばも多く出ていた。さらに、24ケ月までに発語したことばを領域別に分類すると、乳児は、動詞・活勅語を最も多く獲得していることが明らかとなった。次いで、食べ物の名前が多く、そして質と属性のことぼか続いた。又、時間に関することばの出現は一番遅かった。時間に関することばは「あとで」ということばが多く、24ケ月までに時間に関することばが出ている乳児は11人であった。二語文については15ケ月頃から二語文が出ている乳児もいるが、一般には、20ケ月頃から発語する乳児が多かった。二語文が出始めると、三語文も出てくるようであった。言語が発達するにつれて、母子遊びはことばと行動を交えた遊びが加齢と共に展開していった。又、ことばの発達の個人差を見るために、4ケースについて検討した結果、母親のコミュニケーションと環境の重要性が示唆された。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

@ukkarikaaasan 確かに、個人差は大きいですよね。この論文の調査では、1年ほどの間に最も多く獲得した子どもの語数は470語、少ないと12語という差が見られています。 https://t.co/ZKoDRDbj6J
釧路論集一北海道教育大学釧路校研究紀要一 第37号(平成17年) 『乳児の言語獲得と発達に関する研究』戸田須恵子 https://t.co/CBudwMfP95 「27組(男児16名、女児11名)の母子」 「二語文については15ヶ月頃から二語文が出ている乳児もいるが、一般には、20ヶ月頃から発語する乳児が多かった 。」
言語の習得は個人差がありますね。 甥が2歳過ぎても言葉が出ないから、当時は心配していましたけれども、この論文からすると許容範囲内の様ですから安心しました。 私の初語は「かえろ=帰ろう」だったそうです。6ヶ月だから早い方かな。 乳児の言語獲得と発達に関する研究 https://t.co/KHFBEwIxsR

収集済み URL リスト