著者
笹谷 康之 中村 良夫
出版者
社団法人日本造園学会
雑誌
造園雑誌 (ISSN:03877248)
巻号頁・発行日
vol.48, no.5, pp.318-323, 1985-03-30
被引用文献数
2 or 3

摘要 伝統的な農村集落とは村人にとって一つの小宇宙を構成しており,そこには濃密な意味が込められた象徴的な場所・領域一方向か存在し,土地にまつわる肌理細かい空間認識の体系が認められる。そこて本論ては,多摩丘陵の一角にある川崎市久末集落を事例に,地名,地物の空間的認識,集落内集団の呼称,土地にまつわる伝承,古老の体験なとから,村人の民俗分類に立脚した集落の空間構成について報告するものてある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

関戸明子「地名研究の視点とその系譜一一小地名の研究を中心に一一」https://t.co/PrjxfeHLIV、民俗学と地理学の展開。 笹谷康之、中村良夫「農村集落の民俗空間構成に関する研究」https://t.co/ISP4NPjiSY 微細地名から空間認識を探り出す。
こんな論文どうですか? 農村集落の民俗空間構成に関する研究(昭和60年度日本造園学会研究発表論文集3)(笹谷 康之ほか),1985 http://t.co/dVpMMaAA

収集済み URL リスト