著者
伊庭 幸人
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.106, no.279, pp.61-66, 2006-10-04

ベイズ統計の現代的意味について「生成的なモデル化」という視点から論じ,階層モデルによって個体差,空間的不均一性,非定常性などのモデル化が可能になったことが,生態学,マーケティング,自然言語処理など,さまざまな分野に影響を与えていることを指摘する.さらに,生成モデルに対して判別モデルを対比させ,前者の可能性を探る.

言及状況

Twitter (8 users, 8 posts, 8 favorites)

@KuboBook これとか ベイズ統計の流行の背後にあるもの http://t.co/REfUOqKu1k
「6.2カーネル関数の構成」関連で↓を読み直したいと思ったけど、有料か。。。 「ベイズ統計の流行の背後にあるもの」 http://t.co/3S8OhfbmaI

収集済み URL リスト