著者
水谷 美保
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.1, no.4, pp.32-46, 2005-10-01

<行く><来る><いる>の尊敬語形式について,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県に生育し居住する20歳以上の146人を対象にしたアンケート調査と,東京出身作家76人(76冊)の小説を用いた調査を行い,「イラッシャル」は,表すとされてきた<行く><来る><いる>それぞれの意味で用いられるのではなく,<来る><いる>としては使用され続けているが,<行く>には用いられなくなりつつあることを明らかにした。この変化の主な要因としては,「イラッシャル」は敬意によって動作主の移動の方向を中和するよりも,話し手が自身の関わる移動を,優先して表すようになったことにあるとした。そのために,「イラッシャル」が表す移動は,話し手(の視点)の位置が動作主の到達点となる<来る>になり,移動を表すことを同じくしながら,話し手の関わりが大きくない<行く>は,「イラッシャル」の意味領域から排除されることになった。

言及状況

Twitter (3 users, 10 posts, 3 favorites)

「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 https://t.co/Fon28jAXRC
「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 https://t.co/Fon28jAXRC
「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 https://t.co/Fon28jAXRC
On the Narrowing of the Semantic Field of irassharu https://t.co/b2Cd9EB0Av
「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 https://t.co/Fon28jAXRC
「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 https://t.co/Fon28jAXRC
「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 https://t.co/Fon28jAXRC
「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 https://t.co/Fon28jAXRC
On the Narrowing of the Semantic Field of irassharu https://t.co/b2Cd9EB0Av
https://t.co/NMt43IbD4u 『夢酔独言』から『海舟座談』へ https://t.co/voavybcTHO 「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小

収集済み URL リスト