著者
野村 祐基 磯村 太郎 板井 陽俊 安川 博
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.106, no.575, pp.7-12, 2007-03-01
被引用数
6 or 0

人の足音は歩き方や履物の種類,床面などの環境によって違いが現れる.足音を用いて個人を特定することができれば,セキュリティシステムの一環への利用が期待出来る.他にも,左右の足音のばらつきや歩き方を分析することにより,骨格のバランスや健康状態の推定に利用できる可能性がある.このように,足音の識別が可能となれば,様々な分野への応用が考えられる.歩行足音を用いた個人識別に関する研究は幾つか紹介されているが,従来の研究では特徴量抽出を中心に議論されている場合が多い.歩行足音は音声等と同様に時間変化する信号であり,足音が継続する時間長は非線形に伸縮すると考えられる.本稿では,収録した歩行足音に短時間フーリエ変換を施し,周波数成分のコサイン距離の総和をDPマッチングで求めるという手法を利用して個人識別を行った結果を示す.

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

そのほか「匿名データだと思って公開していたものが解析技術の向上で個人が特定できる様になるケースもあるから気をつけよう」という話をしました。 足音で個人特定 (こういうやつ http://t.co/AfiAbRVEdg ) とかは想定の範囲内かと思うけどマウスの動かし方とか。

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (40 users, 40 posts, 76 favorites)

そのほか「匿名データだと思って公開していたものが解析技術の向上で個人が特定できる様になるケースもあるから気をつけよう」という話をしました。 足音で個人特定 (こういうやつ http://t.co/AfiAbRVEdg ) とかは想定の範囲内かと思うけどマウスの動かし方とか。

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006250169 (43)