著者
牛田 貴子 藤巻 尚美 流石 ゆり子
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学看護学部紀要 (ISSN:18806783)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.1-12, 2007-03-01
被引用文献数
1

本研究の目的は、終の棲家として指定介護老人福祉施設で暮らす後期高齢者が、日常的に表現する「お迎えを待つ」とは何かを探ることである。75才以上の高齢者で研究の同意が得られた13名に、面接を実施した。逐語録から死を示す言葉を中心にしたまとまり部分45カ所を選び出し、意味上の要約と関連により質的に分析した。これにより、「お迎えを待つという日常の心境」「お迎えを待つ心境に至る基盤」「家族に期待する」「自分を大切にする」「人を気遣う」「自尊心の喪失」「生活史の一部に位置づけなおす」7つの中グループを抽出し、施設で最期を迎える意思決定をした後期高齢者の「お迎えを待つ」というストーリーラインを描いた。現状をどのように意味づけて生活していくのかという点が、お迎えの待ち方に影響を及ぼすことが示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 - 指定介護老人福祉施設で暮らす後期高齢者にとって「お迎えを待つ」ということ : 高齢者が語るend-of-lifeから https://t.co/Yt6ijClTrC
CiNii 論文 -  指定介護老人福祉施設で暮らす後期高齢者にとって「お迎えを待つ」ということ : 高齢者が語るend-of-lifeから https://t.co/o3XMZcGjuI #CiNii

収集済み URL リスト