著者
寺久保 光良
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学人間福祉学部紀要 (ISSN:18806775)
巻号頁・発行日
vol.1, pp.21-30, 2006-03-15

本研究は、生活保護法およびその施行にあたる生活保護行政と、国民(要保護者)および利用者との間に乖離状況が生じていることに焦点を当て、乖離の状況、原因、理由、その克服の課題などを明らかにしようとするものである。本研究についての先行研究は、利用者の視点での裁判事例などに見ることはできるが、その他はほとんど無い。本論考では生活保護相談窓口職員が刺殺された事件を取り上げ、乖離状況の問題を探ろうとするものである。研究は緒についたばかりであり、資料などの少ない中での論考であるため試論と位置づけ、今後の研究への足がかりとする。
著者
安藤 淑子
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 : 山梨県立大学国際政策学部紀要 (ISSN:18806767)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.51-60, 2011-03-05

There are a number of children enrolled in Brazilian schools that have been living in Japan for a considerable amount of time, yet cannot demonstrate sufficient proficiency in Japanese. Meanwhile, these students must have a certain level of Japanese proficiency in order to keep a wide variety of options open for the future. At the request of a Brazilian school, we implemented a Blended-Learning program that combined classroom lessons in the Brazilian school with e-learning courses offered by the university. Three eighth-year students from the Brazilian school who had only a beginning level of Japanese proficiency participated. The e-learning was in two forms, a school study and an interactive study. The interactive learning focused on practical Japanese usage and related vocabulary to complement the grammar and sentence structure focus of classroom instruction. In addition, the interactive learning utilized small study groups divided by level of proficiency, in contrast to the combined-level group structure of the classroom. The study made use of a toll-free IP telephone and web camera, and looked at problems and instructional methods particular to distance learning.
著者
戸田 徹子
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 : 山梨県立大学国際政策学部紀要 (ISSN:18806767)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.35-47, 2007-03-02

Margaret Ballagh came to Japan in 1861 with her husband James Ballagh, missionary of the Dutch Reformed Church of the United States. She published a book named Glimpses of Old Japan 1861-1866 in 1908. This book is a collection of the letters which she sent to her close friends at home during her first stay in Japan. They show her fresh and genuine response to Japanese people and society. Encountering the turmoil of the last days of the Tokugawa Shogunate, Margaret also gave her own analysis of politics and international relations. This paper surveys the contents of Glimpses of Old Japan 1861-1866 and points out the distinct features of Margaret's observation about old Japan.
著者
大津 雅之 高木 寛之 田中 謙 大津 雅之 高木 寛之 田中 謙 OTSU Masayuki TAKAGI Hiroyuk TANAKA Ken オオツ マサユキ Otsu Masayuki タカギ ヒロユキ Takagi Hiroyuki タナカ ケン Tanaka Ken
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学人間福祉学部紀要 (ISSN:21874344)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.113-124, 2017-03-16

今日、ソーシャルワーカーが対峙しなければならない社会的ニーズは、増加傾向にある。ただし、ソーシャルワーカーが対峙しなければならない社会的ニーズは、今日において顕著に発生してきたわけではなく、徐々に蓄積されてきた結果であり、これまでにも多くの専門職や地域住民によってさまざまな対応がなされてきた。近年、専門職連携の推進がはかられる中、ソーシャルワーカーは自身の役割を高めながら他の専門職や地域住民と共働することが求められている。ただし、そのためには、まず、ソーシャルワーカー自身が多くの専門職や地域住民がいかにしてソーシャルワークの機能的な一端を担ってきたのかについて歴史的側面もふまえながら学ばせていただき、その中で、自身の役割を高めながら介入し、各々と連携する必要があるであろう。よって、本研究では、ソーシャルワークの機能的な一端を担ってきた多くの専門職や地域住民の活動の実際を「ソーシャルワーク的支援」と位置付け、日本国内における「ソーシャルワーク的支援」について、歴史的側面から整理する必要性を提示した。そして、今日のソーシャルワーカーがそれらの取り組みおよびそれらの取り組みを担ってきた者に向けるべき視座について考察した。
著者
牛田 貴子 藤巻 尚美 流石 ゆり子
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学看護学部紀要 (ISSN:18806783)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.1-12, 2007-03-01
被引用文献数
1

本研究の目的は、終の棲家として指定介護老人福祉施設で暮らす後期高齢者が、日常的に表現する「お迎えを待つ」とは何かを探ることである。75才以上の高齢者で研究の同意が得られた13名に、面接を実施した。逐語録から死を示す言葉を中心にしたまとまり部分45カ所を選び出し、意味上の要約と関連により質的に分析した。これにより、「お迎えを待つという日常の心境」「お迎えを待つ心境に至る基盤」「家族に期待する」「自分を大切にする」「人を気遣う」「自尊心の喪失」「生活史の一部に位置づけなおす」7つの中グループを抽出し、施設で最期を迎える意思決定をした後期高齢者の「お迎えを待つ」というストーリーラインを描いた。現状をどのように意味づけて生活していくのかという点が、お迎えの待ち方に影響を及ぼすことが示唆された。
著者
愛甲 雄一 愛甲 雄一 AIKO Yuichi アイコウ ユウイチ Aiko Yuichi
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 山梨県立大学国際政策学部紀要 = Yamanashi glocal studies : bulletin of Faculty of Glocal Policy Management and Communications (ISSN:21874336)
巻号頁・発行日
no.12, pp.1-14, 2017

The issue of anti-intellectualism has been widely discussed in Japan for the last few years, but only a cursory glance has been given to Richard Hofstadter in this debate. This relative neglect is regrettable not just because this American historian is the author of Anti-Intellectualism in American Life(1963)but also because his intellectual life itself was a struggle against what he called anti-intellectualism in America. The purpose of this paper is to fill this gap; it also aims to induce Japanese intellectuals to discuss further about their own roles in the future of the Japanese society. This paper focuses on Hofstadter's scholarly life in mid-twentieth century America. His intellectual career had been guided by his strong sense of duty as an intellectual, which he acquired when he was still a junior scholar. In Hofstadter's belief the duty of intellectuals lies in resisting any social, political, and cultural forcethat coerces conformism, and also in defending the plurality of society. Anti-Intellectualism is surely his most important contribution in this regard, but this sense of mission also underlies in his other works.
著者
高木 寛之 大津 雅之 田中 謙 高木 寛之 大津 雅之 田中 謙 TAKAGI Hiroyuki OTSU Masayuki TANAKA Ken タカギ ヒロユキ Takagi Hiroyuki オオツ マサユキ Otsu Masayuki タナカ ケン Tanaka Ken
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学人間福祉学部紀要 (ISSN:21874344)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.125-137, 2017-03-16

本研究では、ソーシャルワーク実践現場として地域包括支援センターで活躍する社会福祉士と保健師に着目し、養成過程における地域アセスメントの視点の相違について明らかにし、今後の専門職養成への示唆を得ることを目的とした。その結果、地域アセスメントについて、両専門職養成課程において、語られる文脈に違いはあるものの、その項目については共通項を見出すことができ、地域の人々の状況や取り巻く地域資源だけでなく、文化やシステムの状況といった理解の必要性も重視していることがわかった。一方で、社会福祉士養成過程は、地域アセスメン項目やポイントを羅列するだけに留まり、保健師(看護師)養成過程では、地域をコアとサブシステムという構造的に把握し、データの例示と視点と判断・解釈の例示というそれらをより具体的に理解するための思考の枠組みと方向性を示している点に大きな違いがあった。
著者
高野 美千代
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 : 山梨県立大学国際政策学部紀要 (ISSN:18806767)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.90-99, 2012-03-05

Sir William Dugdale was an antiquary who devoted himself to the recreation of the past in his writings.He was the author of renowned antiquairian studies such as Monasticon Anglicanum, The Antiquities of Warwickshire, and The History of St. Paul's Cathedral in London, which were published in the 1650s. His exceptional diligence allowed him to complete all these learned works, but of course it was not at all possible without the aid of other people who supported him by providing documents, introducing people, or evenpartially bearing the expense of publishing his books. This study aims to examine the relationships between Dugdale and those who supported him, especially in terms of the publication of St. Paul's. By so doing we hope to cast light on the social milieu of antiquarian studies in the Commonwealth of England of the 1650s.
著者
高野 美千代 パリー グレアム サウスコム ジョージ ワイルドガスト パトリック
出版者
山梨県立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2009

本研究では、書物史の観点から17世紀英文学にアプローチする研究方法を取った。日本国内では今後さらに踏み込まれるべき領域であるため、先駆的な研究となることを意図して海外の研究者の協力を得ながら17世紀イギリス書物と社会の関係について考察を進めることができた。具体的には17世紀後半のイギリスにおける出版事情を研究するためにロンドン書籍商の出版物を分析し、さらには学術書・歴史書等の出版を促進することとなった予約出版制度を多角的に考察した。そのほか、パラテクストとしての挿絵の効果について、17世紀に出版された好古学書を中心に検証した。また、17世紀英国の書物の受容に関して調査を進めるため、ケンブリッジ大学ピープスライブラリーおよびダラム大学カズンライブラリーにおける現地調査を行ない、新たな研究の可能性を確信するに至った。
著者
萩原 孝恵 萩原 孝恵 HAGIWARA Takae ハギワラ タカエ Hagiwara Takae
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 山梨県立大学国際政策学部紀要 = Yamanashi glocal studies : bulletin of Faculty of Glocal Policy Management and Communications (ISSN:21874336)
巻号頁・発行日
no.10, pp.77-84, 2015

This study aims to investigate the working experience of a Thai employee in Japan. The interview was conducted after the interviewee's third-month working. Data are analyzed by the text mining. This paper focuses on two frequent words, shigoto (working) and dekiru (can), which have been extracted according to a part-of-speech. After presenting the collocation network of shigoto by the KH Coder, I point out the differences of work content values and work process values. I then examine the use distribution of dekiru (can) and dekinai (cannot). The result shows that the number of dekiru used in the utterances was fewer than that of dekinai; it reveals the presence of informant's consciousness regarding the ability possession.
著者
神山 裕美
出版者
山梨県立大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2011

チルドレンセンターは、地域における子どもと家族支援のサービスハブであり、多機関連携の拠点ともなっていた。チルドレンセンターは直接支援としてマイクロ・メゾシステムに働きかけるとともに、エクソシステムとして地方自治体の支援システムに組み込まれていた。これらは実践結果に基づき地方・中央政府による継続的な評価により法律や制度の改善につながるマクロレベルへの循環が見られた。多機関連携によるコミュニティソーシャルワークが機能するには、地域基盤のジェネリックソーシャルワークが向上し、地方自治体レベルでの支援システムとが、車の両輪のようにうまくかみ合って機能することで、より効果的な支援につながると考える。
著者
平田 忠輔
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 (ISSN:18806767)
巻号頁・発行日
no.3, pp.35-54, 2008

The aim of this paper is to envisage Chantal Mouffe's theory of politics. Her theory consists of "the political" and theory of discourse. This paper, in especial, addresses the concept of the "the political." On "the political" she refers to Carl Schmitt and said we need to "think with Schmitt, against Schmitt", by which is meant "to use his insights in order to strength liberal democracy against his critique." According to her to strength liberal democracy, we should the concept of "the political", because the social always involves conflictual moments. What political theories need is not to negate or preclude these moments -like the liberal theories, but to transform Schmittian way of solution. Schmitt solves these conflictual moments only an antagonistic, or friend- enemy way. Instead, democratic politic could employs an agonistic way. And this is the key task of conflictual plurarism and radical democracy.
著者
小田切 陽一 内田 博之 市川 敏美 近藤 直司
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学看護学部紀要 (ISSN:18806783)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.1-8, 2010

山梨県の自殺率と既存統計を用いた生態学的分析から自殺との関連が示唆される人口学的、社会学的要因の抽出をおこなった。その結果、人口世帯要因では、老年人口割合、単身高齢者割合、死別高齢者割合が正の相関、平均世帯人員が負の相関を示した。産業・経済要因では、管理的職業従事者割合、生活保護率と正の相関、課税対象所得と負の相関を認めた。医療・福祉要因では、腎不全死亡率、老人クラブ加入率と正の相関、精神作用物質による精神・行動の障害による受療率と負の相関を認めた。また神経症障害、ストレス関連障害および身体表現性障害の受療率と正の相関傾向、気分障害 (躁うつ病を含む)、その他の精神および行動の障害による受療率、精神保健福祉相談 (心の健康づくり相談) 件数と負の相関傾向を認めた。本研究の結果、山梨県の自殺率に関連する要因として、人口の高齢化や脆弱な経済基盤、精神障害に関わる相談や受療行動が低いことなどが示唆された。
著者
二戸 麻砂彦 二戸 麻砂彦 NITO Masahiko ニト マサヒコ Nito Masahiko
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 : 山梨県立大学国際政策学部紀要 (ISSN:21874336)
巻号頁・発行日
no.14, pp.61-74, 2019-03-05

Dictionaries in Ancient Japanese have been inflected by Chinese Dictionaries. These are divided into three classes, Bushu(部首:parts of Kanji), Igi(意義:meanings of Kanji)and Jion(字音:readings of Kanji)from the point of view about there search systems. These systems were not fit for Japanese Language. And so, Dictionaries by the use of Iroha(イロハ)search system were composed in late Heian period. "Iroha-jiruisyō" is one of them. This study analyzes the tone 'Toku-syō'(徳声)in "Iroha-jiruisyō".
著者
大津 雅之 三井 久規 阿諏訪 勝夫 三枝 弓 常盤 麻美 大津 雅之 三井 久規 阿諏訪 勝夫 三枝 弓 常盤 麻美 OTSU Masayuki MITSUI Hisanori ASUWA Katsuo SAEGUSA Yumi TOKIWA Asami オオツ マサユキ Otu Masayuki ミツイ ヒサノリ Mitsui Hisanori アスワ カツオ Asuwa Katsuo サエグサ ユミ Saegusa Yumi トキワ アスミ Tokiwai
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学人間福祉学部紀要 (ISSN:21874344)
巻号頁・発行日
no.14, pp.60-72, 2019-03-20

本稿は、山梨県内の中央市・昭和町が合同で設置している基幹相談支援センター職員と大学教員1名との共同研究の一部をまとめたものである。本稿は、大きく分けると、①基幹相談支援センターの概要、②基幹相談支援センターに求められる役割とその取組みの現状、③基幹相談支援センターに求められる役割とその取組みに向けた創意工夫のための考察という3点から構成されている。本研究では、基幹相談支援センターに求められる役割とその取組みへの創意工夫を人材育成といった側面から考察した。その結果、「相談支援専門員のピア・スーパービジョン及び連携を通した展開的ソーシャルワークの構築」といった試行的な研修が2018年度より実施されることとなった。
著者
柳田 正明 中里 良一 柳田 正明 中里 良一 YANAGIDA Masaaki NAKAZATO Ryoichi ヤナギダ マサアキ Yanagida Masaaki ナカザト リョウイチ Nakazato Ryoichi
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学人間福祉学部紀要 Bulletin of Faculty of Human and Social Services, Yamanashi Prefectural University (ISSN:21874344)
巻号頁・発行日
no.13, pp.62-73, 2018

農福連携を具体的に推進する農作業工程分析と障害のある人のアセスメントによる支援方法の開発を行うため3つの実践の場においてインタビュー調査を実施し、工程分析の例、農作業を導入する際の課題を把握した。また、先行実践事例蓄積段階にある農業と福祉の連携の形態と機能を事業形態、地域特性などとの関連も含めて把握検討し、連携する上での3つの大枠の農福連携事業形態を提示し、更に推進するための事業形態で想定される4つのパターンを提言した。
著者
申 龍徹 申 龍徹 SHIN Yongcheol シン ヨンチョル Shin Yongchel
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 : 山梨県立大学国際政策学部紀要 (ISSN:21874336)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.45-56, 2017-03-05

This paper is an international comparison of the common use of personal information in the common number system South Korea, Singapore, and Australia. To compare the institutional mechanism of the common use of summary and personal information of the common number system in these three countries. In the following, an overview of the common number system, the characteristics of the type described. Finally, the analysis of the joint-use system of personal information in South Korea summarized its suggestion.
著者
伊藤 ゆかり
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨国際研究 : 山梨県立大学国際政策学部紀要 (ISSN:18806767)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.47-56, 2009-03-06

Automobiles are one of the most significant inventions not only in society but also in cultures in the United States. We can often find its symbolic use in the works of American writers, and Paula Vogel is no exception. This paper examines how she depicts cars in The Long Christmas Ride Home and How I Learned to Drive. The Long Christmas Ride Home tells a story of seemingly typical American family.All the characters are played by puppets and performers. The puppets make it easier for the audience to imagine their invisible cars, which confines the family within its small space; the family cannot escape from the car. The car is sometimes regarded as their home, and other times it is like a human being, one of the family members who share their mortality. On the other hand, How I Learned to Drive focuses on the relationship between the niece and the uncle who teachers her how to drive as well as sexually abuses her in the car. Here Vogel makes the best use of the sexual images of automobiles in American society. Furthermore Vogel show the similarities between cars and human bodies; they both offer the joy of gratifying any deadly impulse and of controlling everything. Thus, these two plays theatrically reveal the close connection between a human body and car.
著者
渡邊 裕子 小山 尚美 流石 ゆり子 河野 由乃 萩原 理恵子 森本 清 水口 哲
出版者
山梨県立大学
雑誌
山梨県立大学看護学部紀要 (ISSN:18806783)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.9-18, 2010-03-01

「活力に満ちた地域づくりの指導者養成を目指す」が目的の高齢者のための生涯学習大学校に在学し,看護学生との交流事業に参加した24 名を対象に,若者イメージと事業に対する期待感について調査を実施した.対象の地域リーダー高齢者は「世間一般の今どきの20 歳代の若者」イメージとして,「話やすいが何を考えているかわからない」という傾向を持っていた.また「若者との交流」への期待度は95.8%と高く,分かり合いたい思いがある一方,自分から知恵を伝授するという意識を持って参加した人は少なかった.交流では,高齢者が老年期の意味を理解し,歳を重ねたからこそ備えている知恵を若い世代に伝授するという意識を持って参加できるような導入と,若者に対する理解し難い感情を払拭し,若者から求められているという実感を持って,自発的,積極的かつ自然に交流を求める姿勢が持てるような企画・調整が必要である.